セキュアなIDカードの作成が可能なプロ仕様のカードプリンター | RBB TODAY

セキュアなIDカードの作成が可能なプロ仕様のカードプリンター

IT・デジタル セキュリティ

これまでラミネート加工に使うフィルムのキャリアフィルム(台紙)の廃棄問題が課題だったが、「FARGO(R)DTC5500LMX」ならロール式のフィルムを使うことで、台紙上に残る余分なフィルムをなくし、消耗品コストの削減に成功している(撮影:防犯システム取材班)
  • これまでラミネート加工に使うフィルムのキャリアフィルム(台紙)の廃棄問題が課題だったが、「FARGO(R)DTC5500LMX」ならロール式のフィルムを使うことで、台紙上に残る余分なフィルムをなくし、消耗品コストの削減に成功している(撮影:防犯システム取材班)
  • 「FARGO(R)DTC5500LMX」は、消費電力の削減、ラミネート加工時のコスト削減、スピード化を実現したIDカードプリンター/エンコーダ(撮影:防犯システム取材班)
  • 「FARGO(R)HDP5600」は、600dpiの高解像度印刷に対応したIDカードプリンター/エンコーダ(撮影:防犯システム取材班)
  • 600dpiの「FARGO(R)HDP5600」で印刷したIDカード(上)と300dpiの従来品で印刷したIDカード(下)の比較。写真は、ルーペを使って拡大したものを撮影したが、「W」の文字など、300dpiの方は明らかなジャギーが確認できる。こうした違いをIDカードの真贋判定に利用することもできる(撮影:防犯システム取材班)
  • 同製品群を使ったIDカードの印刷例。ホログラムやマイクロ文字などを入れることでよりセキュアなIDカードの印刷が可能だ(撮影:防犯システム取材班)
  • 「FARGO(R)DTC5500LMX」と「FARGO(R)HDP5600」を前に詳細な説明してくれたHID Globalのセキュア・インシュアンス、アジア太平洋地域リージョナルディレクター Wei Jin Lee/ウェイジン・リー氏(右)とHID Globalの面々(撮影:防犯システム取材班)
 ASSA ABLOY(アッサ・アブロイ)グループのHID Global(エイチアイディー・グローバル)は、政府機関や地方自治体、大学、企業、医療機関など、大量のIDカードの発行を必要とする組織向けに、2種類のIDカードプリンター/エンコーダの発売を発表し、15日まで東京ビッグサイトで開催された「第11回オフィスセキュリティEXPO」にて実機の展示を行った。

 例えば、大学などでは毎年、何千枚の学生証を発行する必要があるが、学内のさまざまな施設を利用するためのキーが代わりになったり、身分証明書の代わりとなる学生証は、一定以上のセキュリティレベルが求められる。当然、容易に偽造できてしまうような仕様では、さまざまな弊害が出てきてしまう。

 そうしたセキュリティ面での課題をクリアしつつ、コスト面でも従来のIDカードプリンター/エンコーダより安価で導入できるのが、今回発表された、「FARGO(R)DTC5500LMX」と「FARGO(R)HDP5600」となる。

 「FARGO(R)DTC5500LMX」は、IDカードの最終加工に行われるラミネート処理にかかる消耗品のコストを従来品から40%削減。また、プリンター自体の消費電力も60%削減しているとのこと。結果として、環境に配慮し、利用者の利便性も向上させたIDカードの印刷が可能になるという。

 一方、「FARGO(R)HDP5600」は、従来型のプリンターが300dpiの解像度だったのに対して、2倍の600dpiに対応。小さな文字も鮮明に印刷できるので、真贋判定用のマイクロ文字なども入れることも可能だ。

 いずれの製品も、企業のIDカード、国家機関発行の身分証明書、運転免許証、政府機関向けのIDカードの印刷に対応する仕様となっている。

 なお、価格に関しては非公開となっているが、市場に流通する近いスペックのIDカードプリンターと比較した場合は、3~4割ほど安い価格設定になっているそうだ。販売に関しては、HID Globalの正規代理店を通じて日本市場に展開される。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top