米マイクロソフト、「Microsoft Office for Mac」の次期バージョンで「Outlook for Mac」を提供 | RBB TODAY

米マイクロソフト、「Microsoft Office for Mac」の次期バージョンで「Outlook for Mac」を提供

IT・デジタル ノートPC

「Microsoft Entourage 2008 for Mac, Web Services Edition」のダウンロードページ
  • 「Microsoft Entourage 2008 for Mac, Web Services Edition」のダウンロードページ
 米マイクロソフトのMacintosh Business Unit(MacBU)は現地時間13日、「Microsoft Office for Mac」の次期バージョンで「Outlook for Mac」を提供することを発表。2010年末のリリースを予定している。

 Outlook for Macは、電子メール機能/スケジュール管理機能などを統合したソフト「Entourage for Mac」の代替として提供するもの。現時点では、以下の面で機能性の向上を図っているという。

・基幹部分からCocoaを利用して開発を行なうことでMac OSとの親和性が向上。
・ファイルベースの高速データベース採用により、Mac OS(特にTime Machineと Spotlight )との統合レベルを向上。
・機密情報の漏出や、アクセス権を持たない者による内容の閲覧を防止するなどセキュリティ機能を高めた「Information Rights Management」の採用。

 これまでのEntourage ユーザー向けには「Microsoft Entourage 2008 for Mac, Web Services Edition」のダウンロードを開始。本エディションでは「仕事」、「メモ」、「分類」の同期が可能となっている。さらに北米ではビジネス向けの新機能を加えた「Microsoft Office 2008 for Mac Business Edition」が9月15日から提供される予定で、8月18日から予約受付を開始するという。日本でのMicrosoft Office 2008 for Mac Business Editionの展開に関しては後日発表される。
《小口》

関連ニュース

特集

page top