女子アナのタレント化、やはり男性のほうが「寛容」の結果に | RBB TODAY

女子アナのタレント化、やはり男性のほうが「寛容」の結果に

エンタメ その他

女子アナに関する意識調査
  • 女子アナに関する意識調査
 女子アナは、バラエティ番組で活躍したり、タレントのような人も少なくない。この“女子アナ”について、ネットユーザーはどう思っているのだろうか。アイシェアが意識調査を実施、20代から40代の男女544名の回答を集計した。

 女子アナに求めることを複数回答形式で聞くと、1位「正しい日本語の知識(70.0%)」、2位「一般常識(64.7%)」、3位「発音の良さ(55.3%)」と、アナウンサーの基本とされる要素が上位となった。男女別で見ると、「容姿の美しさ」については男性が35.4%と女性より17.8ポイント高いなど、意識の違いが目立った。

 最も女子アナに当てはまると思うイメージは「タレント」が最も多く22.2%。以下「頭が良い(14.9%)」、「美人(14.0%)」、「常識がある(12.9%)」が10%台前半で並んだ。また、男性では「美人(19.0%)」のイメージも強いようだ。ちなみに、好きな女子アナが「いる」のは全体の18.0%で、年代があがるほど数値は高くなり、40代では24.3%にのぼった。

 女子アナがバラエティ番組やクイズ番組に出演することについてどう思うかでは、「タレント化するのは良くないと思う(30.5%)」と「タレント化しても良いと思う(29.6%)」がほぼ同数。「バラエティ番組やクイズ番組はアナウンサーの仕事ではないと思う(20.2%)」と「バラエティ番組やクイズ番組もアナウンサーの仕事だと思う(19.7%)」も同様の傾向がみられた。男女別にみると、女性よりも男性の方が女子アナのタレント化やバラエティ番組などの出演に寛大であるようだ。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top