日本HP、デスクトップ型ワークステーション「HP Z Workstation」に水冷モデルを追加 | RBB TODAY

日本HP、デスクトップ型ワークステーション「HP Z Workstation」に水冷モデルを追加

エンタープライズ ハードウェア

「HP Z800 Workstation」
  • 「HP Z800 Workstation」
  • 「HP Z400 Workstation」
 日本ヒューレット・パッカードは4日、デスクトップ型ワークステーション「HP Z800 Workstation」と「HP Z400 Workstation」のラインアップに、静音性に優れた水冷システム搭載モデルを追加した。また、あわせて「Z800」と「Z400」の両モデルに搭載可能な最上位プロセッサーとして、「Z800」にインテルXeon W5590、「Z400」にインテルXeon W3580を追加した。

 「HP Z Workstationシリーズ」は、機能美を追求したHP独自設計の筐体デザインを採用するインテルXeonプロセッサー搭載ワークステーション。筐体内部には、熱源を分断するモジュール化、ケーブルレス化、ケーブルマネージメントの最適化などを採用している。今回、デュアルプロセッサー対応の最上位モデル「Z800」とシングルプロセッサー対応のエントリーモデル「Z400」の購入時に選択できるオプションとして、より高いレベルの冷却性能と静音性を備える水冷システムを追加。水冷システムの採用は、HPのインテル製プロセッサー搭載ワークステーションとしては初となる。従来の空冷システムとの比較において、デュアルプロセッサー構成の「Z800」は約−3db、シングルプロセッサー構成の「Z400」は約−1dbの静音化を実現するとともに、プロセッサーの最高到達温度も約3低下させたという。また、搭載可能なプロセッサーとして、「Z800」にインテルXeon W5590(3.33GHz)、「Z400」にインテルXeon W3580(3.33GHz)のそれぞれ最上位モデルを追加し、より高性能な構成が可能となった。

 これら新オプションを加えた「Z800」と「Z400」は、カスタマイズが可能な注文仕様生産モデルとして、日本HPのオンラインストアHP Directplus、HP Directplusコールセンター、HP Directpartnerにて8月下旬から受注を開始し、9月上旬以降出荷を開始する。なお、「Z400」のみ、固定仕様モデルとして、日本HP販売代理店でも取り扱われる。価格はHP Z800 Workstation(水冷システム、インテルXeon W5590 2基搭載モデル)が税込686,700円〜、HP Z400 Workstation(水冷システム、インテルXeon W3520搭載モデル)が171,150円〜、HP Z400 Workstation(水冷システム、インテルXeon W3580搭載モデル)が297,150円〜。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top