東芝、Xeon 5500搭載の1Uサイズの2Wayラック型IAサーバ「MAGNIA2605R」を発表 | RBB TODAY

東芝、Xeon 5500搭載の1Uサイズの2Wayラック型IAサーバ「MAGNIA2605R」を発表

エンタープライズ モバイルBIZ

2Wayラック型サーバ「MAGNIA2605R」
  • 2Wayラック型サーバ「MAGNIA2605R」
 東芝は15日、IAサーバ「MAGNIA(マグニア)シリーズ」の新製品として「インテルXeonプロセッサー5500番台」を搭載した1Uサイズの2Wayラック型サーバ「MAGNIA2605R」を発表した。同日より販売を開始、出荷は8月31日より。

 「MAGNIA2605R」は1Uサイズ(1U=約44mm、幅428×奥行722×高さ44mm)の省スペース筐体を採用、フロントエンドアプリケーションサーバから基幹システムまで、幅広い用途に応えるラックマウント型2Wayサーバとなっている。CPUにはインテル マイクロアーキテクチャーNehalemを採用した「インテルXeonプロセッサーX5570/E5520/E5502」を搭載し、DDR3-1066メモリやPCI Express 2.0の採用とあわせてシステム性能の向上が図られた。さらに、独自技術により高い信頼性と可用性を実現する「RAID Masterエンジン」対応の「RAIDコントローラT380」を搭載可能。標準で冗長ファンを装備したほか、ミラーリングメモリ機能やホットプラグ対応の冗長電源にもオプションで対応し、システムの主要部品の二重化が可能とのこと。

 メインメモリは最大48GBまで(将来は96GBを予定)搭載可能。HDDは2.5型SAS HDDを6台まで搭載可能で最大1.8TBの記憶領域を提供する。また、部材レイアウトの最適化や周囲温度に応じたきめ細やかなファン制御により、冷却効率を向上。高効率な「80 PLUS電源」や2.5型HDDの採用と合わせ、騒音と消費電力の低減も図っているとのこと。価格は974,190円(税込)〜。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top