ネガやポジをデジタルデータ化&テレビでスライドショーを楽しめるフィルムスキャナ | RBB TODAY

ネガやポジをデジタルデータ化&テレビでスライドショーを楽しめるフィルムスキャナ

IT・デジタル デジカメ

FilmScan35 I
  • FilmScan35 I
  • インターフェース
 スリー・アールシステムは、ネガフィルム/ポジフィルムをデジタル化し、テレビでスライドショーを楽しめるフィルムスキャナ「FilmScan35 I」を7月27日に発売。予約の受付を開始している。価格はオープンで、同社直販サイト価格は20,790円。

 同製品は、35mmのネガフィルム/ポジフィルムを画像ファイルとしてデジタル化できるフィルムスキャナ。テレビ出力端子を備えており、スキャニングした画像をテレビに表示してスライドショーを楽しむことができる。

 フィルムを専用ホルダーにセットすると撮影画像が2.5型液晶ディスプレイに表示され、画像を選んでOKボタンを押すとデジタルデータとして取り込み。24MBのフラッシュメモリを内蔵するほか、SD/MMC対応のメモリカードスロットを搭載しており、取り込んだ画像データは内蔵メモリやメモリカードに保存可能。

 おもな仕様として、500万画素CMOSセンサーを搭載しており、解像度は1,800dpi。レンズはF値がF2.0、レンズ構成は4枚。スキャン方式はシングルパス。電源はACアダプタ/USBバスパワー。本体サイズは幅82×高さ152×奥行き86mm、重さは0.41kg。付属品はテレビ出力ケーブル/USBケーブルなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top