2008年の日本の違法コピー率は21%、損害額は約1700億円 〜 BSA調べ | RBB TODAY

2008年の日本の違法コピー率は21%、損害額は約1700億円 〜 BSA調べ

 BSAは12日、全世界および各国・地域における2008年1月〜12月のコンピュータ・ソフトウェアの違法コピー状況を調査した結果を発表した。

エンタープライズ その他
主要な調査結果
  • 主要な調査結果
 ビジネス ソフトウェア アライアンス(BSA)は12日、全世界および各国・地域における2008年1月〜12月のコンピュータ・ソフトウェアの違法コピー状況を調査した「第6回世界ソフトウェア違法コピー調査」の結果を発表した。

 同調査によると、日本における2008年の違法コピー率は前年比2ポイント減の21%。これは世界で2番目(前年4番目)に低いという数値だが、損害額は約14.95億ドル(約1700億円)と世界ワースト10位(前年8位)となった。一方、全世界の違法コピー率は、調査対象110カ国のうち16カ国で上昇したのに対し57カ国で低下と、低下した国の数が大きく上回った。ただし高違法コピー率国の急激なPC出荷の拡大により、全世界の違法コピー率は2年連続して3ポイント増の41%、同損害額は対前年比11%上昇の約530億ドル(約6兆2500億円)という結果になったという。

 今回の結果について、BSA日本担当事務局長の松尾早苗氏は「法制度の整備やコンプライアンス意識の高まりにより、ここ数年間、違法コピー率が低下していることは非常に喜ばしいことです。しかし、損害額は依然として高い水準を維持しており、決して看過できない状態です」とのコメントを寄せている。

 ちなみにBSAが国内に開設している組織内違法コピーに関する情報提供窓口への通報は、2003年の178件から2008年には約3倍の544件となるなど増加の一途を辿っている。なおこの状況に対応するため、BSAでは組織内違法コピーの実態と通報体験談を掲載した情報サイト「違法告発.com」(www.145982.com)を本年1月29日に開設している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top