SATA HDD対応メディアプレーヤーキットにブラウザアクセス機能やiPod接続機能搭載モデル | RBB TODAY

SATA HDD対応メディアプレーヤーキットにブラウザアクセス機能やiPod接続機能搭載モデル

IT・デジタル その他

本体
  • 本体
  • リモコン
  • 背面
  • iPod接続イメージ(iPodは別売)
 ハンファ・ジャパンのPC周辺機器ブランドであるDIGITAL COWBOYは、HDDメディアプレーヤー「MOVIE COWBOY」シリーズの新製品として、ブラウザアクセス機能やiPod接続機能などを備えた3.5型HDD対応モデル「DC-MC35ULI」を発表。5月上旬より販売する。価格はオープンで、予想実売価格は24,800円。

 同製品は、SATA接続の3.5型HDDを装着することで、HDD内に保存した音楽や動画ファイルを再生できるメディアプレーヤーキット。これまでPCで視聴していたマルチメディアファイルを、最大1,080ピクセルのフルHDでテレビなどで楽しめる。

 YouTubeやPicasaなどインターネットのコンテンツ共有サービスをPCレスで利用できる「LIVE機能」を装備。また、装着したHDDへブラウザからアクセスできる「ブラウザアクセス機能」を備えており、ネットワーク接続した機器とのデータ共有が行えるほか、DDNSサービスと併せて使用することでメディアサーバとして活用できる。

 そのほかの機能として、iPodに保存された音楽、動画、画像ファイルなどを楽しめるiPod専用Dockを搭載。アナログ入力端子(コンポジット)を搭載しており、PCを経由せず、ビデオテープなどを直接デジタルファイル(MPEG2)にエンコード可能。また、H.264/WMV/MOV/RMVB/RMのメディアファイルは、FTSをインストールしたLAN上のPCからリアルタイムにMPEG-2へ変換し、再生できるという。

 おもな仕様としては、USB2.0を2ポート、ネットワーク接続用にRJ-45(LAN)を1ポート、ほかにHDMIなどを搭載。対応OSはWindows Vista/XP。本体のサイズは幅225×高さ200×奥行き59mm、重さは850g。付属品は、リモコン、AC/DCアダプタ、電源ケーブル、AVケーブル、USBケーブルなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top