オタクアイドル、貧乏アイドル……成功をつかむ○○アイドルとは!? | RBB TODAY

オタクアイドル、貧乏アイドル……成功をつかむ○○アイドルとは!?

エンタメ その他

Fanandi
  • Fanandi
 木下優樹菜のような“おバカアイドル”、“鉄道オタクアイドル(鉄ドル)”“樽のような体系のアイドル(樽ドル)”など、従来にない売り出し方のアイドルが急増しているが、ネットユーザーは「○○アイドル」に対してどう思っているだろうか。現役グラビアアイドルたちとメッセージ交換ができるサービスサイト「Fanandi」は、11,000人を超える同サイトユーザーを対象に意識調査を実施した。

 「“貧乏アイドル”“アニメオタクアイドル”“歴史に詳しいアイドル(歴ドル)”のなかで応援したくなる○○アイドルは!?」という質問では、約6割(5,962票)のユーザーが“アニメオタクアイドル”を応援したいと回答した。
 
 やはりアイドルとアニメはどこかで精通しているようで、オタクの聖地と言われる秋葉原では、デビュー間もないアイドルの卵がサイン会や撮影会などのイベント活動を精力的に行っている。“アニメオタク”という売り出し方をすることでファンとの距離が近くなり、青田買いされることに繋がっているのだろう。

 「“四十路の現役熟女グラドル”“アニ顔アイドル(アニメキャラの様な仮面を被ったアイドル)”“魚ドル(魚に詳しいアイドル)”このなかであなたが突っ込みたくなる○○アイドルは!?」という質問に対しては、約5割(5,258票)のユーザーが“四十路の現役熟女グラドル”を選択した。いくら水着姿が若々しく40歳を過ぎているように見えなくても、やはり10代20代のグラドルには敵わないというのが正直なところなのだろう。

 次に多く票が集まったのは4,708票の“アニ顔アイドル”。これはアニメキャラの様な仮面を被ったアイドルで、元々ターゲットを絞った売り出し方のアイドルではあるものの、マニアック過ぎているという意見がみられた。

 また、「自分ならどんなアイドルをプロデュースしたいか!?」という質問を、 “地方から出て来たばかりの田舎アイドル”“今時のいわゆるギャル系アイドル”“80年代の様な清純派アイドル”“硬派が売りで気の強いヤンキーアイドル”の4項目のなかから選択させたところ、5,621票のダントツの結果で“地方から出て来たばかりの田舎アイドル”が選ばれた。

 次に多く票が集まったのは、3,168票の“80年代を思わせる清純派アイドル”だった。この結果を見て分かるように、アイドルのイメージとして純粋で汚れのない女の子が好まれるのは今も昔も代わりないようだ。

 さらに、最近では週刊誌でグラビアを飾ったり、CDをリリースして歌って踊るアイドル以外でも様々な分野で活躍する女性たちがアイドル視されていることから、「あなたがグラビアアイドルの次に注目している他業界のアイドルは!?」というアンケートも実施。知的で清楚なイメージの強い“アイドル女子アナ”、健康的な姿が美しい“アスリートアイドル”、政治という世界で活躍する“美人過ぎる議員アイドル”という3項目のなかで最も票が集まったのは、5,302票の“アイドル女子アナ”だった。
《織本幸介》

関連ニュース

特集

page top