千葉興業銀行、フィッシング詐欺対策に「RSA FraudAction」を採用 | RBB TODAY

千葉興業銀行、フィッシング詐欺対策に「RSA FraudAction」を採用

エンタープライズ その他

 RSAセキュリティは10日、千葉興業銀行がフィッシング詐欺対策として「RSA FraudAction」を4月1日より導入したことを発表した。

 「RSA FraudAction」(アールエスエー・フロードアクション)は、フィッシングサイトの閉鎖を行うサービス。24時間365日対応で、フィッシング対策としては唯一、閉鎖を行うのが特徴となっている。RSAのAFCC(RSA Anti-Fraud Command Center:オンライン不正対策指令センター)が金融機関からフィッシングサイト出現の連絡を受けると、各国の法律・規制に精通したエンジニアが不正サイトに対して適切な処置を実施する。シャットダウンに要する時間は、ほとんどのケースで5時間以内で、最短時間は5分。全世界の大手金融機関をはじめとする300社以上で採用され、世界185カ国で12.5万サイト以上の閉鎖実績を有している。日本では2007年6月にみずほ銀行、三井住友銀行が相次いで採用以来、千葉興業銀行の採用で30社になった。

 千葉興業銀行は、個人向けインターネットバンキング「ちば興銀ダイレクト」や、法人向けインターネットバンキング「ちば興銀 コスモスWeb& コスモス外為Web」を展開しており、より安全性と利便性を兼ね備えたサービスを提供するためにRSA FraudActionを採用したとのこと。なおRSA FraudActionはANSER−WEBのオプションサービスとして、NTTデータを通して提供された。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top