若田さん、デジタル一眼レフカメラで宇宙から地球を撮影! | RBB TODAY

若田さん、デジタル一眼レフカメラで宇宙から地球を撮影!

IT・デジタル デジカメ

若田光一さんがデジタル一眼レフカメラ「E-3」を使って地球を撮影
  • 若田光一さんがデジタル一眼レフカメラ「E-3」を使って地球を撮影
  • 宇宙ステーション内に浮かぶ「E-3」
  • 国際宇宙ステーション「きぼう」イメージ図
  • E-3
  • E-3
  • 今回使用している機材
 国際宇宙ステーション「きぼう」の日本実験棟から、日本人宇宙飛行士としては初の有償利用事業の一環として、若田光一さんがオリンパスのデジタル一眼レフカメラ「E-3」で、宇宙から地球を撮影した。

 今回の撮影は、オリンパスが創立90周年記念事業として展開している「オリンパス・スペース・プロジェクト」の一環としておこなわれたもの。日本人宇宙飛行士による最初の有償利用事業となり、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「きぼう日本実験棟有償利用」により実現した。

 また、若田さんが登場する映像素材の撮影も実施されており、撮影された地球の写真や映像などは若田さんの帰還後、「オリンパス・スペース・プロジェクトサイト」や写真展などで公開する予定になっている。

 使用されたE-3は、2007年11月に発売された有効画素数1,010万画素のデジタル一眼レフカメラ。防塵・防滴のマグネシウム合金ボディに、視野率100%の光学ファインダー、11点全点のツインクロスセンサー、2軸稼働式のライブビュー液晶、1/8000秒の高速シャッターなどの機能を搭載する同社デジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデル。

 交換レンズには防塵・防滴構造の「ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5」と「ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD」の2本が使用されており、広角から望遠までの画角に対応する。
《満井》

関連ニュース

特集

page top