キヤノン、A3ノビ対応のプロ・ハイアマチュア向けインクジェットプリンタ | RBB TODAY

キヤノン、A3ノビ対応のプロ・ハイアマチュア向けインクジェットプリンタ

 キヤノンは、最高4,800×2,400dpiの解像度を実現する高密度プリントヘッド技術「FINE(Full-photolithography Inkjet Nozzle Engineering)」を採用するプロ・ハイアマチュア向けのインクジェットプリンタ「PIXUS Pro9500 Mark II」「PIXUS Pro9000 Mark II」を発表。

IT・デジタル デジカメ
Pro9500 Mark II
  • Pro9500 Mark II
  • Pro9500 Mark II 使用イメージ
  • Pro9000 Mark II
  • Pro9000 Mark II 使用イメージ
 キヤノンは、最高4,800×2,400dpiの解像度を実現する高密度プリントヘッド技術「FINE(Full-photolithography Inkjet Nozzle Engineering)」を採用するプロ・ハイアマチュア向けのインクジェットプリンタ「PIXUS Pro9500 Mark II」「PIXUS Pro9000 Mark II」を発表。Pro9500 Mark II は4月中旬、Pro9000 Mark IIは4月下旬に発売する。価格はオープンで、予想実売価格はPro9500 Mark II が80,000円前後、Pro9000 Mark IIが60,000円前後。

 Pro9500 Mark IIは、シアン/マゼンタ/イエロー/フォトシアン/フォトマゼンタ/フォトブラック/マットブラック/グレー/レッド/グリーンの10色顔料インク「LUCIA(ルシア)」を採用。空気中のガスや光に強いインクで、部屋にそのまま飾ったプリント写真を長期間きれいに保存できるという。全色独立インクタンクシステムを採用し、それぞれにインク切れなどを知らせるLEDを搭載する。プリントスピードは、フチありのA3ノビサイズでカラー/モノクロともに約7分55秒。

 Pro9000 Mark IIは、シアン/マゼンタ/イエロー/ブラック/フォトシアン/フォトマゼンタ/レッド/グリーンの8色染料インクを採用。印字制御機構の改良により、モノクロはフチありのA3ノビサイズが約9分30秒、カラーは約1分23秒でプリントできる。Pro9500 Mark IIと同じく全色独立インクタンクシステムを採用し、それぞれにインク切れなどを知らせるLEDを搭載。また、透明インクタンクでの光学式とドットカウント式を併用したインク残量検知機能を備える。

 両製品共通で、同社デジタル一眼レフカメラ「EOS DIGITAL」シリーズと高度な連携が可能なプラグインソフトウエア「Easy-PhotoPrint Pro」や「Adobe Photoshop Elements 6」を同梱し、照明の違いで生じる印刷物の色の見え方を補正して画像をプリントする「環境光補正」機能やDVD/CDのレーベルプリント機能を装備。また、通常の給紙トレイ(後トレイ)に加えて厚手の用紙を使用できるフロント給紙(前トレイ)を備えるほか、他社製デジタルカメラでも直接接続してプリントアウトできる業界標準規格「PictBridge」に対応する。

 インターフェースはUSB。給紙可能枚数は150枚。Pro9500 Mark IIの本体サイズは幅660×高さ193×奥行き355mm、重さは15.2g。Pro9000 Mark IIの本体サイズは幅660×高さ192×奥行き354mm、重さは14.4g。付属品はインクタンク一式/CD-Rトレイなど。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top