NTT Com、企業向け「Arcstar IP-VPN」にてIPv6の国内初の本格対応を開始 | RBB TODAY

NTT Com、企業向け「Arcstar IP-VPN」にてIPv6の国内初の本格対応を開始

エンタープライズ その他

「Arcstar IP-VPN」IPv6デュアルサービス概要
  • 「Arcstar IP-VPN」IPv6デュアルサービス概要
  • 「Arcstar IP-VPN」IPv6デュアル利用料金
 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は18日、企業向けVPNサービス「Arcstar IP-VPN」において、MPLS技術を用いた国内初となるIPv6の本格対応として、IPv6デュアルを2009年3月23日より開始すると発表した。

 「Arcstar IP-VPN」のアクセス回線であるイーサタイプ(NTT Com光アクセス利用、NTT東日本・西日本ワイド利用)および局内接続I型(イーサネットタイプ)において、IPv4/IPv6デュアルスタックに対応するIPv6デュアルをアクセスメニューとして追加する。「Arcstar IP-VPN」では2007年9月よりIPv6接続のトライアル提供をしており、今回IPv4/IPv6デュアルスタックに対応することで、トライアルで培ったIPv6ネットワークの運用実績とノウハウを活かし、企業におけるIPv6導入のハードルをコスト面と運用面で大きく下げることができるという。

 1つの回線上にIPv4とIPv6両方のプロトコルを混在させることが可能であるため、既存のIPv4環境を並存できまるほか、IPv6対応回線を別に用意する必要がないため、簡単かつ低コストに利用できる。またゲートウェイ接続やリモートアクセス、セキュリティ機能などの「Arcstar IP-VPN」のオプション機能を、IPv4通信上で提供するため、現在利用中のオプション機能を継続して利用できる。IPv6デュアルにはSLA(サービス品質保証制度)を設定しする。

 提供メニューとしては「Arcstar IP-VPN」のイーサタイプ(NTT Com光アクセス利用) IPv6デュアル 0.5Mbps〜1Gbps、イーサタイプ(NTT東日本・西日本ワイド利用) IPv6デュアル 0.5Mbps〜100Mbps、局内接続I型(イーサネットタイプ) IPv6デュアル 1Mbps〜1Gbpsの回線が提供される。IPv6デュアル対応のアクセスラインナップは順次追加される予定だ。申込受付開始日は23日。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top