Windows Storage Server 2003 R2を搭載するキューブ型NASにRAID1採用モデル | RBB TODAY

Windows Storage Server 2003 R2を搭載するキューブ型NASにRAID1採用モデル

IT・デジタル ノートPC
LSV-MS2000/2C
  • LSV-MS2000/2C
  • 液晶ディスプレイのイメージ
  • NASとしての基本仕様
 ロジテックは、Windows Storage Server 2003 R2を搭載し、RAID1(ミラーリング)システムを採用したキューブ型NAS「LSV-MS2000/2C」を発表。3月中旬より販売する。価格は186,900円。

 同製品は、Windows Storage Server 2003 R2を搭載するキューブ型NASとして、RAID1(ミラーリング)システムを採用したモデル。1TBのHDDを2台搭載し、ディスクの信頼性を向上。また、WindowsクライアントとMacintoshクライアントでファイルの共有を可能としている。

 ギガビットイーサネット(1000BASE-T)に対応したLANポートや、1GHzのCPU、1GBのメモリを搭載しており、データ転送速度の高速化を図っているという。ほかに特徴として液晶ディスプレイを装備し、コンピュータ名やIPアドレス、サーバ名、エラーなどを表示するため、複数台設置した場合の管理のしやすさに配慮している。

 おもな仕様として、OSはWindows Storage Server 2003 R2、CPUはVIA C7(1GHz)、メモリは1GB、HDDは1TB×2(7,200rpm)。インターフェースは、RJ-45/D-sub9ピン/USB2.0×4など。本体サイズは、幅184×高さ193×奥行き280mm。重さは6.1kg。付属品はACケーブルなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top