アスク、セキュアで5TB HDDを搭載した外付けRAIDストレージ | RBB TODAY

アスク、セキュアで5TB HDDを搭載した外付けRAIDストレージ

 アスクは17日、RAID対応の外付けHDD「CX-RANGER-E」を発表した。販売開始は2月下旬。価格はオープンで、予想実売価格は228000円前後。

IT・デジタル フォトレポート
「Ciphertex CX-RANGER-E 5-Bay, 2.5
  • 「Ciphertex CX-RANGER-E 5-Bay, 2.5
  • 2.5型ベイ
  • USBセキュリティキー
  • eSATA
  • ノートPCとの利用イメージ(ノートPCは別売)
 アスクは17日、RAID対応の外付けHDD「Ciphertex CX-RANGER-E 5-Bay, 2.5" DriveEncrypted Portable RAID System」(型番:CX-RANGER-E)を発表した。販売開始は2月下旬。価格はオープンで、予想実売価格は228,000円前後。

 同製品は、2.5型HDDを5台搭載できる米国Ciphertex製の暗号化RAIDストレージ。アスクでは1TB HDDを5台搭載して日本国内で取り扱う。外付けでeSATA接続となっており、USB3.0、FireWire800/USB2.0、FireWire800×2にもオプションで対応する。

 AES-256によるハードウェア暗号化処理に対応し、付属のUSBセキュリティキーを使いデータの読み書きを制限。USBセキュリティキーを物理的な鍵としてストレージへアクセス可能となる認証システムを構築できる。

 RAIDモードは、RAID 0/1/0+1/3/5/LARGE/CLONEに対応。HDDトレイはワンタッチで着脱可能なリムーバブルトレイを採用。本体サイズは幅114×高さ149×奥行き190mm、重さは2.9kg。持ち運びを容易にする取っ手を本体上部に配置する。付属品はUSBセキュリティー×3/ACアダプタ(60W)/eSATAケーブルなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top