日本SGI、ミッドレンジ・ストレージの新製品「SGI InfiniteStorage 5500」発売 | RBB TODAY

日本SGI、ミッドレンジ・ストレージの新製品「SGI InfiniteStorage 5500」発売

エンタープライズ ハードウェア

SGI InfiniteStorage 5500 12-Bay enclosure
  • SGI InfiniteStorage 5500 12-Bay enclosure
  • SGI InfiniteStorage 5500 24-Bay enclosure
  • SGI InfiniteStorage 5500 60-Bay enclosure
 日本SGIは4日、RAID型ストレージシステム製品群であるSGI InfiniteStorageシリーズのミッドレンジモデル新製品「SGI InfiniteStorage 5500」の販売を開始した。

 「SGI InfiniteStorage 5500」は、1システムあたり最大約1ペタバイト(PB)という大容量を実装可能なRAIDストレージ製品。本製品では、サーバとストレージを接続するホストインターフェイスに、8Gb/秒のファイバーチャンネルの他、40Gb/秒のInfiniBand QDRも選択できる。ディスク間接続には、6Gb/秒の最新のSAS(Serial Attached SCSI)を採用。ディスクドライブは、高性能な15,000回転のSASドライブ、低消費電力でコストパフォーマンスに優れた7,200回転のSASドライブ、ランダムアクセス時の読み出し性能が高いSSD(Solid State Drive)の3種類を搭載できる。用途にあわせて特性の異なるディスクドライブを選択し、1つの筐体に混在して搭載することも可能。

 新設計となる高さ4Uの高密度筐体でには、3.5インチドライブが最大で60ドライブまで搭載可能。コンパクトな高さ2Uの筐体では、3.5インチドライブを最大12ドライブ、2.5インチドライブを24ドライブまで搭載できる。高密度筐体で単位面積あたりの搭載ディスク数を増やしたことで、1システムあたり最大384ドライブ搭載可能となっており、3TBのSASディスク搭載時で最大約1PBの大容量を実現している。参考価格9,816,000円(税抜、最小構成時:12bayエンクロージャSAS 3.6 TB構成)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top