【米アカデミー賞】快挙! 加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」が短編アニメーション賞獲得 | RBB TODAY

【米アカデミー賞】快挙! 加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」が短編アニメーション賞獲得

 米アカデミー賞短編アニメーション部門で、加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」がオスカーを獲得した。アニメ作品としては、宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」以来の快挙となった。

エンタメ その他
つみきのいえ
  • つみきのいえ
 米アカデミー賞短編アニメーション部門で、加藤久仁生監督作品「つみきのいえ」がオスカーを獲得した。アニメ作品としては、宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」(第75回・長編アニメーション部門)以来の快挙となった。

 「つみきのいえ」は、家を上へ上へと建て増し続けた積み木のような家に住むおじいさんの、家族との思い出をつづった物語。授賞式には加藤久仁生監督が行っており、彼の肉声もまもなく届くことだろう。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top