日本ワムネット、ファイル共有「GigaCC」に誤送信・漏洩防止できる「上長承認機能」を追加 | RBB TODAY

日本ワムネット、ファイル共有「GigaCC」に誤送信・漏洩防止できる「上長承認機能」を追加

エンタープライズ その他

GigaCC ASP送信画面
  • GigaCC ASP送信画面
  • GigaCC ASPファイル共有画面
 住友商事の子会社で大容量デジタルデータ伝送サービス事業を展開する日本ワムネットは30日、企業向けファイル送信・共有サービス「GigaCC」に、機密情報の誤送信や漏洩防止を実現できる「上長承認機能」を追加したプレミアムプラン「GigaCC ASP Premium」を発表した。2月1日より提供開始となる。

 「GigaCC ASP」(2003年スタート)は、電子メールで送信できない機密情報や大容量データを社外関係者との間でファイル送受信・共有できるサービス。「GigaCC ASP Premium」は、さらに高いレベルで求められるセキュリティ強化、内部統制強化を支援する仕組を提供する目的で、上長承認機能等を新たに追加されたものとなる。

 「上長承認機能」は、ファイル送信をする際に、指定された上長の承認を必須とする機能。また、監査対策上も、ファイル送信に関する上長の承認日時、操作者、内容などのすべてのアクションが、履歴ログレポートとして出力可能。「GigaCC ASP Premium」の提供価格は、利用300アカウント、利用ストレージ容量100GB、ファイル送信機能、ファイル共有機能、上長承認機能、画面カスタマイズ・独自URL機能、管理者機能などが含まれ、初期費用25万円、月額利用料30万円(いずれも消費税別価格)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top