ウィルコム、「W-SIM」を巡る特許侵害裁判で勝訴確定 | RBB TODAY

ウィルコム、「W-SIM」を巡る特許侵害裁判で勝訴確定

 ウィルコムは15日、同社の超小型多機能通信モジュール「W-SIM」を巡るHDTとの特許侵害裁判に勝訴したことを発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
 ウィルコムは15日、同社の超小型多機能通信モジュール「W-SIM」を巡るHDTとの特許侵害裁判に勝訴したことを発表した。

 この裁判は、「W-SIM」がHDTの保有する特許権の技術的範囲に属しているとして、「W-SIM」の譲渡などの差止を求める特許権侵害差止請求控訴事件を提起されたことによるもの。13日、HDTがこの控訴を取り下げたことで、2006年12月5日付の東京地方裁判所の勝訴判決が確定した。

 ウィルコムはこの結果を受けて「W-SIMが、本件特許の技術的範囲に属していないこと、また、そもそも本件特許にはその有効性に疑問があることを主張してまいりましたが、今回、当社の主張の正当性が司法の場において確認されたものと認識しております」とのコメントを発表している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top