家族間無料、学割、法人向けプランなどで飽和市場が拡大!?——3月の携帯電話契約数 | RBB TODAY

家族間無料、学割、法人向けプランなどで飽和市場が拡大!?——3月の携帯電話契約数

ブロードバンド その他
事業者別純増数と累計契約数
  • 事業者別純増数と累計契約数
 7日、電気通信事業者協会(TCA)は、3月末現在の携帯電話の事業者別契約数の統計を発表した。総契約数は102.724,500件と前月比1.3%増と、1億契約突破してから初めて1%台の増加となった。

 事業者別にみるとNTTドコモが173,700件純増、KDDIが500,500件純増、ソフトバンクが543,900件純増、イー・モバイルが130,200件純増、PHSではウィルコムが18,400件純増となっている。目立つのは、KDDIとをフトバンクが50万台の純増を記録しており、ソフトバンクは過去1年で最大かつ通常月の純増数の2倍近い数字だ。KDDIは昨年4月から2月までの純増数平均が15万程度なので、3倍を超える大幅な伸びを見せた。なお、KDDIは2月(約8万件)ほどではないがプリペイド契約を21,500件純増させている。

 全体的に飽和市場といわれながら、市場全体で1%を超える伸びを見せたことは注目だ。例年新年度を控えるこの時期は契約数は拡大する傾向にある。これは、各社のキャンペーンや新製品などの投入が集中するためだが、今回は家族間無料通話や学割、法人向け無料通話枠の拡大などで、携帯デビューの層が広がったり、会社支給の携帯が増えたりしたことが考えられるそうだ。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top