ぷらっとホーム、クラウドコンピューティング向け高密度サーバ「CloudStation A」発表 | RBB TODAY

ぷらっとホーム、クラウドコンピューティング向け高密度サーバ「CloudStation A」発表

エンタープライズ ハードウェア

クラウドコンピューティング向け高密度サーバ「CloudStation A」
  • クラウドコンピューティング向け高密度サーバ「CloudStation A」
  • 【上】エンクロージャ【下】サーバユニット
  • 内部構造
 ハードウェア販売のぷらっとホーム(Plat'Home)は4日、クラウドコンピューティング向けとなる完全独立型の高密度実装サーバ「CloudStation A」を発表した。

 「CloudStation A」は、4Uスペースに10ノードを収容でき、それぞれ個別で導入・稼働・リプレイスが可能となっている。これによりブレードをはじめとする従来の高密度サーバでは不可能だった、きわめて柔軟なシステム導入・継続が可能となっている。各ユニットごとに電源ユニット・冷却ファン・遠隔監視モジュール(オプション)を実装する。IPMIモジュールスロットを搭載しており、拡張スロットを消費しなくても、KVM over IP機能や電源On/Off、ハードウェアリセットなど、高度な遠隔操作が可能となる。メインメモリにはDDR2モジュールを代用、高負荷時でも1ユニットあたり180W、エンクロージャフル実装でも2,000Wを下回る、省電力仕様を実現した。新世代Xeon LV(L5410 / 50W) を選択すればさらに省電力なシステム運用も可能となる。

 対応OSはRHEL 5.2 64bit、Scientific Linux 5.1 64bit、CentOS 5.2 32bit/64bit、Debian 4.0 r3 64bit、Fedora9 64bit、Win2003 Server 32bit/64bit。価格はサーバユニット10台(CPU 2.00GHz, メモリ 2GB、ストレージ SSD 16GB)+エンクロージャの「フルセット」が税込1,880,000円。サーバユニット4台(CPU 2.00GHz, メモリ 2GB、ストレージ SSD 16GB)+エンクロージャの「スタートアップセット」が752,000円となる。サーバユニットは標準構成(CPU 2.00GHz, メモリ 2GB, SSD 16GB)で1台188,000円。エンクロージャ(ラックマウント用キャビネット、最大10ユニット収納)で89,800円。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top