ノキアシーメンスネットワークス、LTEを超える「LTE-Advanced」で超高速通信を実現 | RBB TODAY

ノキアシーメンスネットワークス、LTEを超える「LTE-Advanced」で超高速通信を実現

 フィンランドのNokia Siemens Networks(ノキアシーメンスネットワークス、NSN)は現地時間1日、携帯電話の通信規格である「LTE」(Long Term Evolution)を超える「LTE-Advanced」に提案されているリレー技術のデモを成功させた。

ブロードバンド その他
 フィンランドのNokia Siemens Networks(ノキアシーメンスネットワークス、NSN)は現地時間1日、携帯電話の通信規格である「LTE」(Long Term Evolution)を超えるモバイルブロードバンド通信で、世界初の技術記録を打ち立てたことを発表した。「LTE-Advanced」に提案されているリレー技術のデモを成功させたもの。

 ドイツのNSN施設で完了したデモでは、モバイルブロードバンド基地局からユーザが最長の距離に位置するセルエッジにおいて、リレー技術の進歩により、いかにネットワークのカバレッジ一貫性と品質を向上させられるかが実証されたという。これらの性能向上は2×2 MIMO (Multiple Input Multiple Output)アンテナシステムに対応するLTEシステムと中継局との組み合わせにより実現たものだ。リレーは、ネットワークに挿入された中継局が外部データバックホールを必要としないインバンドで運用される。端末に対しては、中継局は基地局となり、LTE の機能を完全に提供するという。LTE-Advancedは現在Release 10に向けて3GPPにより検討されており、3GPP無線インタフェーステクノロジー提案としてITU-Rに提示される予定だ。

 NSNの最高技術責任者Stephan Scholzは「改善されたセルエッジと屋内ユーザデータレートのデモは、カバレッジシナリオの重要なマイルストーンです。これは、主要なモバイルブロードバンドとしてのLTE の位置づけをさらに強化するものです。ユーザは、セルのどこにいても高スループットにより、優れたユーザ体験を享受することができ、一方オペレータ様は、より柔軟でコスト効率のよい方法でネットワーク展開が可能となります。LTE-Advancedは、LTEテクノロジーの進化的発展における次のステップです」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top