【お知らせ】SaaSデータセンターの潮流、BIGLOBE、富士通の取り組み | RBB TODAY

【お知らせ】SaaSデータセンターの潮流、BIGLOBE、富士通の取り組み

ブロードバンド その他

 SaaS、クラウドといってもサーバハードウェアの実体が必要ないわけではない。仮想化を含めた管理実体としてますます重要性が高まるIDC事業。大手ISP ビッグローブが目指すSaaS型プラットフォームビジネスとは? ITベンダー大手 富士通が進めるSaaSビジネスモデルとデータセンター技術を、それぞれの企業の役員と部門長によるセミナーが開催される。

■開催概要■
SaaSとデータセンター:
開催日時:2008年11月26日(水)午後2時〜午後4時30分
会場:明治記念館
   東京都港区元赤坂2−2−23
   (03)3403-1171
受講料:1名につき 29,800円(税込)

■プログラム■

<1>SaaSのプラットフォーム構築とデータセンター
 −インターネット・プロバイダーの立場から

講師:
NECビッグローブ(株) 代表取締役執行役員社長
飯塚 久夫(いいづか ひさお)氏

1.BaaS(Biglobe software asset as a Service)の体系化
2.企業向け携帯基盤における適用例
3.NECグループにおけるSaaS検討の進展
4.データセンターのロー・コスト・オぺレーション各種施策
5.仮想OSを使った基盤整備
6.OSSの利用拡大
7.グリッド・コンピューティングの採用
8.分散ストレージのメリット等
9.質疑応答

<2>SaaSプラットフォーム事業の最新動向
 −富士通のSaaSへの取組み

講師:
富士通(株) サービスビジネス本部 SaaSビジネス推進部 部長
横山 耕三(よこやま こうぞう)氏

1.SaaSビジネスの動向
2.SaaSビジネスへの富士通の取組み
3.富士通の考えるSaaSプラットフォーム
4.SaaSプラットフォームを支えるデータセンター技術と運用
5.SaaS適用事例
6.SaaSビジネスを支援するパートナープログラム
7.質疑応答

セミナー申し込み
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top