システムハードウェア仮想化技術ExpEther普及のためのユーザコンソーシアムが設立 | RBB TODAY

システムハードウェア仮想化技術ExpEther普及のためのユーザコンソーシアムが設立

エンタープライズ その他

ExpEtherコンソーシアム
  • ExpEtherコンソーシアム
 NECは12日、PCI-Expressとイーサネットを統合した次世代システムハードウェア仮想化技術「ExpEther(エクスプレスイーサ)」普及のためのユーザコンソーシアムの設立を発表した。設立メンバーは企業・大学含め計16社。

 ExpEtherは、NECがサーバ、ネットワーク機器向けのI/O仮想化技術として2006年に開発。本技術の発表後、サーバ、ネットワーク機器の開発者にとどまらず、HPC、産業機器、組込み機器関係開発者からも利用を望む声が数多く集まったため、そのニーズに応える形でユーザコンソーシアムを設立したという。

 本コンソーシアムでは、次世代仮想化技術としてデファクト化の推進を目的とし、ExpEther利用のための仕様書・開発環境・評価環境・拡張技術などを公開、ユーザを幅広く募っていく。

 設立メンバーは以下のとおり。

慶應義塾大学
兵庫県立大学
アドバネット
インベンチュア
ザイリンクス
東京エレクトロンデバイス
日本アルテラ
丸文
iD
PALTEK
Flowgic
Nethra Imaging
Themis
Tech Rev
VirtualLogix
NEC
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top