デル、北陸先端科学技術大学院大学へEqualLogicを納入〜世界最大規模となる21台 | RBB TODAY

デル、北陸先端科学技術大学院大学へEqualLogicを納入〜世界最大規模となる21台

 デルは22日、北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)がiSCSI SAN Dell EqualLogic PS5000Xを38台、Dell EqualLogic PS5000Eを21台導入することを発表した。Dell EqualLogicシリーズの一括導入としては、世界最大規模となる。

エンタープライズ その他
EualLogic PS5000シリーズ
  • EualLogic PS5000シリーズ
 デルは22日、北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)がiSCSI SAN Dell EqualLogic PS5000Xを38台、Dell EqualLogic PS5000Eを21台導入することを発表した。Dell EqualLogicシリーズの一括導入としては、世界最大規模となる。

 JAISTは、日本初の本格的な大学院大学として1990年に創設され、知識科学、情報科学、マテリアルサイエンスの3つの先端分野における研究と教育が行われている。デル製品は、JAISTの情報環境システム「FRONTIER(FRONT Information EnviRonment)」の高速ファイルサーバシステムとして採用されたという。

 Dell EqualLogic PS5000X(400GB-10Krpm×16台、SASドライブ)38台を構成することで、約243TB(実効容量:約159.6TB)の高速大容量ストレージシステムを実現。同時にDell EqualLogic PS5000E(1TB-7.2Krpm×16台、SATAドライブ)21台を構成することで約336TB(実効容量:約254TB)の大容量バックアップシステムを実現。さらにDell PowerEdge 2950III(CPU:Intel Xeon E5440×2、メモリ:32GB)6台を構成することでファイルサーバ用サーバシステムを実現した。

 iSCSI接続では、TCP/IP の機能を活用することによって、特殊なソフトウェアやハードウェアを用いることなく、ストレージに仮想IPアドレスを割り当てることが可能となる。Dell EqualLogicシリーズは、RAIDセットの自動構築や負荷の自動分散などの機能も搭載されており、iSCSI SANの管理運用での扱いやすさや先進性が評価されたとのこと。

 FRONTIERの高速ファイルサーバシステムは2009年3月から稼動予定となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top