サン、輸送用コンテナを利用していつでもどこでもデータセンターを実現 | RBB TODAY

サン、輸送用コンテナを利用していつでもどこでもデータセンターを実現

エンタープライズ その他

 米サン・マイクロシステムズは現地時間17日、輸送用コンテナにデータセンターの機能を詰め込んでモジュール化した「Project Blackbox」を発表した。これにより、迅速にどこにでもデータセンターが設置できるようになるとしている。
  •  米サン・マイクロシステムズは現地時間17日、輸送用コンテナにデータセンターの機能を詰め込んでモジュール化した「Project Blackbox」を発表した。これにより、迅速にどこにでもデータセンターが設置できるようになるとしている。
  •  米サン・マイクロシステムズは現地時間17日、輸送用コンテナにデータセンターの機能を詰め込んでモジュール化した「Project Blackbox」を発表した。これにより、迅速にどこにでもデータセンターが設置できるようになるとしている。
  •  米サン・マイクロシステムズは現地時間17日、輸送用コンテナにデータセンターの機能を詰め込んでモジュール化した「Project Blackbox」を発表した。これにより、迅速にどこにでもデータセンターが設置できるようになるとしている。
  •  米サン・マイクロシステムズは現地時間17日、輸送用コンテナにデータセンターの機能を詰め込んでモジュール化した「Project Blackbox」を発表した。これにより、迅速にどこにでもデータセンターが設置できるようになるとしている。
  •  米サン・マイクロシステムズは現地時間17日、輸送用コンテナにデータセンターの機能を詰め込んでモジュール化した「Project Blackbox」を発表した。これにより、迅速にどこにでもデータセンターが設置できるようになるとしている。
 米サン・マイクロシステムズは現地時間17日、輸送用コンテナにデータセンターの機能を詰め込んでモジュール化した「Project Blackbox」を発表した。これにより、迅速にどこにでもデータセンターが設置できるようになるとしている。

 Project Blackboxは、標準的な輸送用コンテナにコンピュータ、ストレージ、ネットワークインフラ、電源装置、冷却装置を組み込んでモジュール化したもの。具体的には、1つのBlackboxに、250台のSun Fireサーバが設置でき、ストレージは2ペタバイト、メモリーは7テラバイトになるとしている。

 想定される用途としては、従来のデータセンターの拡張、軍事用途、発展途上国への導入、石油開発と地震モデル作成などがあげられている。

 同社の社長兼CEOであるジョナサン・シュワルツ氏は、「初期費用は従来の100分の1、単位面積当たりのコストは5分の1に抑えながら、電力消費効率を20%高めることに成功しました。地球上のあらゆる場所で、データセンターの容量や機能を好きなだけ増やすことが可能となったのです」としている。

 現在はプロトタイプの後期に入っており、すでに早期受注のユーザとともに、作業を開始。2007年半ばに商用化できるとしている。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top