HOTnet、「S.T.E.Pクロスファンクションサービス」提供開始 | RBB TODAY

HOTnet、「S.T.E.Pクロスファンクションサービス」提供開始

 北海道総合通信網(HOTnet)は7日、広域イーサネットサービスなどのネットワークサービスやクラウドコンピューティングサービス「S.T.E.P SC2」などを相互に接続する「S.T.E.Pクロスファンクションサービス」の提供を開始した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
イメージ図
  • イメージ図
  • 利用料金(税込)
 北海道総合通信網(HOTnet)は7日、広域イーサネットサービスなどのネットワークサービスやクラウドコンピューティングサービス「S.T.E.P SC2」などを相互に接続する「S.T.E.Pクロスファンクションサービス」の提供を開始した。

 「S.T.E.Pクロスファンクション(xFunction)サービス」は、バーチャルスイッチによる各種サービスとの接続機能と、ストレージや仮想デスクトップ等のコンピューティング機能(ファンクション)を提供するもの。バーチャルスイッチにより、あらゆるトラフィックを中継し分散させることが可能となる。これにより、「専用の仮想データセンター」として利用することもできるという。

 各機能としては、内部ネットワーク上の仮想ファイルサーバ機能(NAS、バックアップ用途など)、XenAppによる仮想デスクトップ機能、分散ストレージなどを提供する。必要な機能を選択するだけで、ネットワークシステムの構築が可能なほか、機能追加にも対応する。


S.T.E.P xFunction特長 - サービス紹介 : S.T.E.P xFunction | HOTnet
http://www.hotnet.co.jp/xfunction/
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top