ロジテック、Bluetooth対応ワイヤレスのオーディオトランスミッタ/レシーバ | RBB TODAY

ロジテック、Bluetooth対応ワイヤレスのオーディオトランスミッタ/レシーバ

 ロジテックは22日、Bluetoothオーディオトランスミッタ「LBT-AT100C2」とBluetoothを受信可能なオーディオレシーバ「同-AR100C2」、レシーバにシガーソケット用充電アダプタがセットになった「同-AR101C2」を発表。10月下旬より順次販売する。価格はオープン。

IT・デジタル その他
LBT-AR100C2
  • LBT-AR100C2
  • LBT-AT100C2
 ロジテックは22日、Bluetoothオーディオトランスミッタ「LBT-AT100C2」とBluetoothを受信可能なオーディオレシーバ「同-AR100C2」、レシーバにシガーソケット用充電アダプタがセットになった「同-AR101C2」を発表。10月下旬より順次販売する。価格はオープンで予想実売価格はいずれも6,980円前後。

 同製品は、音楽再生機器とスピーカー、ヘッドホンをBluetoothでワイヤレスに接続できるレシーバ(受信機)とトランスミッタ(送信機)。ポータブル音楽プレーヤーやPC、携帯電話などがBluetoothに対応している場合は、スピーカーやヘッドホンに同レシーバを装着することで、ワイヤレスで音楽を楽しめる。音楽再生機器がBluetoothに対応している場合は、同トランスミッタを装着することで可能となる。ポータブル音楽プレーヤーやPC、携帯電話の音楽再生に対応している。

 接続が途切れた場合には、自動的に電源がOFFになるオートパワーオフ機能を搭載。省電力モード時のスタンバイタイムは200時間となる。レシーバの連続再生時間は5時間、トランスミッタの連続転送時間は6時間。トランスミッターはBluetoothプロファイルのA2DPに、レシーバはA2DPとAVRCPに対応。

 インターフェースは、3.5型ステレオタイプのミニジャックとミニプラグ。本体サイズは、レシーバが幅50×高さ26×奥行11mm、トランスミッタが幅41×高さ26×奥行き11mm。発売日は、トランスミッタのAT100C2が11月上旬、レシーバのAR100C2が10月下旬、レシーバとシガーソケット用充電アダプタがセットになったAR101C2は11月上旬。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top