もうひとつのパラリンピック〜手こぎ自転車での1,200km走破に挑むアスリート | RBB TODAY

もうひとつのパラリンピック〜手こぎ自転車での1,200km走破に挑むアスリート

 障害をもつハンドサイクル走者・永野明が、東京から福岡まで1,200kmを10日間で走破する模様を、インターネットライブ中継サイト「モバチュウ」にてリアルタイムで配信する。

エンタメ その他
TE-DEマラソン2008モバチュウ(トップ画面)
  • TE-DEマラソン2008モバチュウ(トップ画面)
 障害をもつハンドサイクル走者・永野明が、東京から福岡まで1,200kmを10日間で走破するチャレンジプロジェクト「TE-DEマラソン2008」。その全工程を、インターネットライブ中継サイト「モバチュウ」にてリアルタイムで配信する。

 脳性まひで身体障害者手帳1級をもちながらも、障害者プロレス団体を設立するなどさまざまなスポーツに挑戦してきたというアスリート・永野明。今回、東京から福岡まで1,200kmの道のりを、ハンドサイクル(手こぎ自転車)による10日間での走破にチャレンジ。走行の様子を携帯電話などでリアルタイム中継し、その映像を「モバチュウ」ほか、ケータイやインターネットTVなどで配信する。

 走行ルート&スケジュールは、東京の日本橋を10月10日午前7時にスタートし、ゴール地点の福岡市中央区まで1都2府10県を走る。到着は19日の予定。
《花》

関連ニュース

特集

page top