JR東日本、新型の試験電車でWiMAXの検証試験を実施 | RBB TODAY

JR東日本、新型の試験電車でWiMAXの検証試験を実施

エンタープライズ モバイルBIZ

MUE-Train
  • MUE-Train
 東日本旅客鉄道(JR東日本)は7日、在来専用の新しい試験電車「MUE-Train」(ミュートレイン)を発表した。MUE-Trainは次世代車両の開発に必要なデータ収集と鉄道設備の状態監視が主な目的だが、WiMAXの検証試験も実施する。

 JR東日本は、2009年からモバイルWiMAXの接続サービスを展開するUQコミュニケーションズのネットワークを、乗客向けサービスや業務用通信に利用する計画だ。そのため、実環境に近い試験車両にWiMAXの設備を設置し検証を行うと思われる。

 MUE-Trainは、京浜東北線を走行していた車両を改造したもの。10月に完成し、11月から東北本線などで走行試験を開始する計画。2009年までは第1期走行試験として車両の性能向上に関する開発、2010年からは第2期走行試験として次世代車両制御システムの開発を行う予定だ。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top