【WIRELESS JAPAN 2008 Vol.6】中国Huawei、HSDPA/HSUPA/GSM/GPRS/WiMAXなどに対応したデータ通信端末を多数展示 | RBB TODAY

【WIRELESS JAPAN 2008 Vol.6】中国Huawei、HSDPA/HSUPA/GSM/GPRS/WiMAXなどに対応したデータ通信端末を多数展示

 イー・モバイル向け端末で日本に進出した中国Huawei。WIRELESS JAPANでは、ブースを設けデータ通信端末を多数展示している。

ブロードバンド その他
スティック型のデータ通信端末。USBメモリのようにPCに差す
  • スティック型のデータ通信端末。USBメモリのようにPCに差す
  • スティック型のデータ通信端末。USBメモリのようにPCに差す
  • スティック型のデータ通信端末。USBメモリのようにPCに差す
  • スティック型のデータ通信端末。USBメモリのようにPCに差す
  • E220-USB Modem
  • 形はE220-USB Modemと全く同じだが、モバイルWiMAXに対応した「BM325 WiMAX 16e USB Dongle」
  • 対応するキャリアにより、色やロゴが異なるが、基本的に中の回路は同じだ
  • E510-USB TV Modem
 イー・モバイル向け端末で日本に進出した中国Huawei。WIRELESS JAPANでは、ブースを設けデータ通信端末を多数展示している。

 中国Huaweiブースで展示をしているデータ通信端末は、モデルによりHSDPA、HSUPA、UMTS、EDGE、GPRS、GSM、モバイルWiMAXの通信方式に対応。いずれもUSBタイプだが、USBメモリのように直接接続するものと、ケーブルで接続するものがある。

 この中でも「E220-USB Modem」は、世界の販売台数が600万台を超えるという端末。世界中で販売をしているが、いずれも形や内部はほとんど同じで、対応周波数を変更している程度だ。なお、日本ではイー・モバイルの「D02WH」として販売をしている。

 地上デジタル放送のチューナーを内蔵している端末「E510-USB TV Modem」もある。これは、ヨーロッパやアジア、オセアニア地域を中心に採用されている方式「DVB-T」のモバイル版「DVB-T Mobile TV」に対応する。PCに接続すれば、データ通信とテレビが利用できるようになる。

 データ通信端末が接続できる無線LANのアクセスポイント「D-100」という製品も見られた。D-100とインターネットはデータ通信端末で、アクセスポイントとPCは無線LANで接続する。これにより、最大で5台のPCがインターネットに接続できる。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top