ソニー、音響気密度を高め迫力の重低音再生を実現するヘッドホン | RBB TODAY

ソニー、音響気密度を高め迫力の重低音再生を実現するヘッドホン

 ソニーは25日、音響密閉度の高めた「ダイレクトバイブストラクチャー」を採用するヘッドホンの新シリーズ「エクストラベースシリーズ」として、ヘッドホンタイプ3モデルとカナル型イヤホンタイプ2モデルを発表。11月10日に発売する。

IT・デジタル その他
MDR-XB700
  • MDR-XB700
  • MDR-XB500
  • MDR-XB300
  • MDR-XB40EX
  • MDR-XB20EX
 ソニーは25日、音響密閉度の高めた「ダイレクトバイブストラクチャー」を採用するヘッドホンの新シリーズ「エクストラベースシリーズ」として、ヘッドホンタイプ3モデルとカナル型イヤホンタイプ2モデルを発表。11月10日に発売する。

 今回発表のすべての製品に採用されるダイレクトバイブストラクチャーは、ドライバーユニットから鼓膜までの気密を高めることで、空気の漏洩を極限まで減少。優れた低音域再生とダイナミック感あるサウンドを再現するという。

 ヘッドホンタイプの「MDR-XB700」「MDR-XB500」「MDR-XB300」は、振動板の耐振幅特性、耐気圧特性を確保しつつ、振動板の可動性を大幅に向上させたという新開発XBドライバーユニットを搭載。低音の強いパワーに対しても振動板の可動性を上げひずみ無く正確に振幅するので、重低音の帯域でも再生が可能になる。キングサイズのイヤークッションは、低反撥ウレタンを採用した極厚のクッションを高伸縮ウレタンレザーで包むことで装着時に深々と沈み込み、装着感と密閉度の向上を図っている。

 カナル型イヤホンタイプの「MDR-XB40EX」「MDR-XB20EX」は、新構造のハイブリッドシリコンピースを採用し、耳との間の気密性を向上させている。

 詳細は以下のとおり。

●MDR-XB700
ドライバーユニット:径50mmドーム型
最大入力:3,000mW
インピーダンス:24Ω
感度:106dB/mW
再生周波数帯域:3〜28,000Hz
コード長:1.2m
プラグ形状:金メッキL型3.5mmステレオミニ
重さ:295g
価格:12,390円

●MDR-XB500
ドライバーユニット:径40mmドーム型
最大入力:1,500mW
インピーダンス:40Ω
感度:104dB/mW
再生周波数帯域:4〜24,000Hz
コード長:1.2m
プラグ形状:金メッキL型3.5mmステレオミニ
重さ:185g 
価格:8,715円

●MDR-XB300
ドライバーユニット:径30mmドーム型
最大入力:1,000mW
インピーダンス:24Ω
感度:100dB/mW
再生周波数帯域:5〜22,000Hz
コード長:1.2m
プラグ形状:金メッキL型3.5mmステレオミニ
重さ:120g 
価格:4,935円

●MDR-XB40EX
ドライバーユニット:径13.5mmドーム型
最大入力:100mW
インピーダンス:16Ω
感度:105dB/mW
再生周波数帯域:4〜24,000Hz
コード長:1.2m
プラグ形状:金メッキL型3.5mmステレオミニ
重さ:9g
付属品:キャリングポーチ/3サイズのイヤーピース×2/クリップ
価格:6,195円

●MDR-XB40EX
ドライバーユニット:径9mmドーム型
最大入力:100mW
インピーダンス:16Ω
感度:103dB/mW
再生周波数帯域:5〜23,000Hz
コード長:1.2m
プラグ形状:金メッキL型3.5mmステレオミニ
重さ:6g 
付属品:キャリングポーチ/3サイズのイヤーピース×2/クリップ
価格:3,675円
《近藤》

関連ニュース

特集

page top