日立と松下がテレビ用ディスプレイと薄型テレビ事業の協業を拡充することで基本合意 | RBB TODAY

日立と松下がテレビ用ディスプレイと薄型テレビ事業の協業を拡充することで基本合意

 日立製作所と松下電器産業は18日、両社のテレビ用ディスプレイ事業および薄型テレビ事業のさらなる発展、強化を目的に、協業を拡充することで本日基本合意をしたと発表。2008年10月末をめどに最終契約を締結する予定。

IT・デジタル テレビ
松下「ビエラ」シリーズの103V型デジタルハイビジョンプラズマテレビ
  • 松下「ビエラ」シリーズの103V型デジタルハイビジョンプラズマテレビ
 日立製作所と松下電器産業は18日、両社のテレビ用ディスプレイ事業および薄型テレビ事業のさらなる発展、強化を目的に、協業を拡充することで本日基本合意をしたと発表。2008年10月末をめどに最終契約を締結する予定。

 両社は、2005年2月にプラズマディスプレイ事業に関する包括的協業に合意し、開発、生産、マーケティングなど様々な分野で協業を進めてきた。今回の合意により、日立はプラズマディスプレイパネル事業に関して、これまで日立プラズマディスプレイで製造していたガラスパネル部材を今後は松下から調達。さらに、両社のプラズマディスプレイパネル事業のさらなる発展を目的とし、薄型・省エネ対応など高付加価値プラズマディスプレイパネルの開発面での協業も推進するという。ガラスパネル部材の松下から日立への供給は、2009年度に日立が発売するモデルより開始する予定。

 プラズマテレビ事業に関しては、従来からのマーケティング活動を引き続き共同で推進。液晶テレビ事業に関しても、液晶パネルの製造会社IPSアルファテクノロジを中心とした協業を一層維持・強化していく。また、薄型テレビに関しては、海外の生産拠点における協業の伸展についても協議を進めるほか、さらなる軽量化、薄型化、省電力化および高画質化などの取り組みを推進していくという。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top