米IBMとCanonical/Ubuntu、Novell、Red Hat、マイクロソフト製品を搭載しないPCを提供へ | RBB TODAY

米IBMとCanonical/Ubuntu、Novell、Red Hat、マイクロソフト製品を搭載しないPCを提供へ

 米IBM、および主要LinuxディストリビューターであるCanonical/Ubuntu、Novell、Red Hatの3社は5日(現地時間)、2009年までに全世界のデスクトップ市場にLotus NotesとLotus Symphonyを搭載し、非マイクロソフトOSを採用したPCを提供することで合意した。

エンタープライズ その他
 米IBM、および主要LinuxディストリビューターであるCanonical/Ubuntu、Novell、Red Hatの3社は5日(現地時間)、2009年までに全世界のデスクトップ市場にLotus NotesとLotus Symphonyを搭載し、非マイクロソフトOSを採用したPCを提供することで合意した。

 今回の合意は、導入コストが高いWindows/OfficeベースのPCに代わり、安価なLinuxベースのPCに対する需要が伸びている現状を受けたもの。IBMでは、MicrosoftベースのPCよりもLinuxベースのPCの方がPCベンダーによって収益率が高いとしている。

 今回の合意により、Lotus Notes、Lotus Symphony、Lotus Sametimeを含むIBMのオープンソース製品「Open Collaboration Client Solution(OCCS)」と各ディストリビューターのLinux OS、各地域のローカルベンダーによるソフトウェアとインストールサービスをセットにしたPC製品が全世界で提供されることとなる。また、オープンソースであるEclipseプログラミングモデルを利用して、Lotus Expeditor上でアプリケーション開発も可能だ。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top