ソニー、「α」シリーズの頂点——世界最高クラス有効2,460万画素35mmフルサイズCMOSセンサー搭載「α900」 | RBB TODAY

ソニー、「α」シリーズの頂点——世界最高クラス有効2,460万画素35mmフルサイズCMOSセンサー搭載「α900」

 ソニーは10日、デジタル一眼レフカメラ「α」シリーズの新ラインアップとして、世界最高クラスの有効2,460万画素35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載した「α900」(DSLR-A900)を発表した。価格はオープンで、予想実売価格は330,000円前後。10月23日に発売する。

IT・デジタル デジカメ
正面
  • 正面
  • 背面
  • 上面
  • 下面
  • 左側面
  • 右側面
 ソニーは10日、デジタル一眼レフカメラ「α」シリーズの新ラインアップとして、世界最高クラスの有効2,460万画素35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載した「α900」(DSLR-A900)を発表した。価格はオープンで、予想実売価格は330,000円前後。10月23日に発売する。αシリーズの中で、エントリーモデルのα200/300/350やミドルモデルのα700に続き、最上位のハイアマチュアモデルとなる。

 同製品では、35mmフィルムサイズデジタル一眼レフカメラにおいて世界最高クラス、有効2,460万画素の35mmフルサイズCMOSセンサー(撮像サイズ35.9mm×24.0mm)「Exmor(エクスモア)」を搭載。同センサーにあわせ、画像処理エンジンを2基装備したデュアル「BIONZ(ビオンズ)」により、大容量データを高速処理することで写真画質を高めている。

 また、35mmフルサイズセンサーに対応した手ブレ補正機能を本体に内蔵する。補正効果はシャッター速度の約2.5〜4段分。従来の35mmフィルムカメラと同様の焦点距離と画角の感覚で撮影が楽しめるという。さらに、35mmフルサイズの撮像画面にあわせて視野率を約100%とし、光学性能を追求した明るく見やすい高品位ファインダーを採用している。

 そのほかの特徴としては、新開発のミラー機構や連続撮影シーケンス制御の最適化により、高速連続撮影が秒間5コマとなった。液晶ディスプレイには「ARコート(反射防止処理)」を施し、3.0型の大きく見やすい「エクストラファイン液晶」を採用。また、露出/ホワイトバランス/Dレンジオプティマイザー(撮影シーンに応じて明るさ・階調を自動補正)の設定変更効果を画面上にシミュレーション表示する「インテリジェントプレビュー機能」を新搭載する。HDMI端子も装備しており、ハイビジョン画質の撮影画像をハイビジョンテレビで楽しめる。

 おもな仕様は以下のとおり。なお、今回はズームレンズの「SAL1635Z」(Vario-Sonnar T 16-35mm F2.8 ZA SSM)と「SAL70400G」(70-400mm F4-5.6 G SSM)も発表した。価格は、1635Zが283,500円で70400Gは262,500円。ともに2009年1月に販売する。

●α900
・撮像素子:35mm、CMOSセンサー「Exmor」
・画素数:有効画素数約2,460万画素/総画素数約2,570万画素
・アスペクト比:3:2
・感度:ISO200〜3200(拡張範囲として100〜6400まで設定可能)
・記録メディア:MS(DUO/PRO DUO/PRO HG DUO)/CF(TYPEI/II)/マイクロドライブ
・液晶:3.0型
・AF測距点数:9点(中央デュアルクロスタイプ)およびアシスト10点
・シャッター速度範囲:1/8000〜30秒
・撮影可能枚数:約880枚
・本体サイズ:幅156.3×高さ116.9×奥行き81.9mm
・重さ:約850g
・付属品:リチャージャブルバッテリーパック/バッテリーチャージャー/リモコン/ビデオケーブル/USB接続ケーブル/ショルダーストラップ/ボディキャップ/リモートコマンダークリップ/アクセサリーシューキャップ/アイピースカップなど
《近藤》

関連ニュース

特集

page top