キヤノン、コンパクトデジカメ「PowerShot」シリーズに4つの新モデル | RBB TODAY

キヤノン、コンパクトデジカメ「PowerShot」シリーズに4つの新モデル

 キヤノンは26日、コンパクトデジカメ「PowerShot」シリーズの新ラインアップとして、上位モデル「PowerShot SX110 IS」など4製品を発表。価格はいずれもオープン。9月4日から順次発売する。

IT・デジタル デジカメ
PowerShot SX110 IS
  • PowerShot SX110 IS
  • PowerShot A2000 IS
  • ブラウン
  • ブルー
  • パープル
  • バニラホワイト
  • コットンピンク
  • アクアブルー
 キヤノンは26日、コンパクトデジカメ「PowerShot」シリーズの新ラインアップとして、上位モデル「PowerShot SX110 IS」など4製品を発表。価格はいずれもオープン。9月4日から順次発売する。

 今回発表された4製品はいずれも、画像処理エンジン「DIGIC III」を搭載するコンパクトデジタルカメラ。共通で、被写体の顔にピント/露出/ストロボ発光量を高速・高精度で合わせる「フェイスキャッチテクノロジー」、ISO1,600の高感度撮影を実現する「ノイズリダクションテクノロジー」、被写体の動きの有無を検知して最適なISO感度を設定する「モーションキャッチテクノロジー」、初心者が迷うことなく撮影・再生できる「らくらくモード」を搭載。また、簡単に人物の顔を選択できる「フェイスキャッチボタン」を備える。

 「PowerShot SX110 IS」は、2006年9月に発売された「PowerShot SX100 IS」の後継モデル。光学式手ブレ補正機構付きの光学10倍ズームレンズを継承しつつ、有効900万画素の1/2.3型CCDを搭載したほか、液晶ディスプレイも3型に大型化している。快適操作を実現する「コントローラーホイール」や最短1cmの接写が可能なマクロ撮影機能、20種類の撮影モードを搭載する。

 主なスペックとして、35mm判換算の焦点距離は36〜360mmで、F値はF2.8〜4.3。最大記録解像度は3,456×2,592ピクセル。記録メディアはSDHCメモリーカード/SDメモリーカード/MMC/MMCplus/HC MMCplus。本体サイズは幅110.7×高さ70.4×奥行き44.7mmで、重さは245g。予想実売価格は33,000円前後で、9月4日発売。

 「PowerShot A2000 IS」は、2007年9月に発売された「PowerShot A720 IS」の後継モデルで、従来のグリップスタイルから直線的でシャープなデザインに一新し、大幅な薄型化と軽量化を実現した。従来機より光学式手ブレ補正機構付きの6倍ズームレンズを継承し、新たに約1,000万画素の1/2.3型CCDおよび3型液晶ディスプレイを搭載。35mm判換算の焦点距離は36〜216mmで、F値はF3.2〜5.9。最大記録解像度は3,648×2,736ピクセル。記録メディアはSDHCメモリーカード/SDメモリーカード/MMC/MMCplus/HC MMCplus。本体サイズは幅101.9×高さ63.5×奥行き31.9mmで、重さは185g。予想実売価格は30,000円前後で、9月4日発売。

 「PowerShot A1000 IS」は、2008年2月に発売された「PowerShot A590IS」の後継モデルで、有効1,000万画素の1/2.3型CCDと2.5型TFT液晶ディスプレイを搭載。A2000 IS同様、従来モデルからデザインを一新し、携帯性の向上を図っている。手ブレ補正機構付き光学4倍ズームレンズを採用。35mm判換算の焦点距離は35〜140mmで、F値はF2.7〜5.6。最大記録解像度は3,648×2,736ピクセル。記録メディアはSDHCメモリーカード/SDメモリーカード/MMC/MMCplus/HC MMCplus。本体サイズは幅95.4×高さ62.4×奥行き31mmで、重さは155g。予想実売価格は22,000円前後で、9月4日発売。カラーはブラウン/ブルー/パープルの3色。

 「PowerShot E1」は、「リラックス感」をコンセプトにしたデザインで丸みのあるフォルムを採用。カラーはバニラのアイスクリームをイメージした「バニラホワイト」、ピンクのバラをイメージした「コットンピンク」、南国の青い海をイメージした「アクアブルー」の3色を用意。ボディカラーに合わせたオリジナル起動画面を備える。有効1,000万画素の1/2.3型CCDと光学4倍ズームレンズ、2.5型液晶ディスプレイを搭載。レンズは35mm判換算の焦点距離が35〜140mmで、F値は2.7〜5.6。最大記録解像度は3,648×2,736ピクセル。記録メディアはSDHCメモリーカード/SDメモリーカード/MMC/MMCplus/HC MMCplus。本体サイズは幅101.2×高さ63.8×奥行き31.4mmで、重さは160g。予想実売価格は23,000円前後で、9月中旬発売。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top