オリンパス、光学20倍ズーム搭載の1,000万画素のコンパクトデジカメ | RBB TODAY

オリンパス、光学20倍ズーム搭載の1,000万画素のコンパクトデジカメ

 オリンパスイメージングは26日、光学20倍ズームを搭載した有効1,000万画素のコンパクトデジタルカメラ「CAMEDIA(キャメディア)SP-565UZ」を発表した。発売は9月20日。価格はオープンで、予想実売価格は50,000円台前半。

IT・デジタル デジカメ
CAMEDIA SP-565UZ
  • CAMEDIA SP-565UZ
  • 背面
 オリンパスイメージングは26日、光学20倍ズームを搭載した有効1,000万画素のコンパクトデジタルカメラ「CAMEDIA(キャメディア)SP-565UZ」を発表した。発売は9月20日。価格はオープンで、予想実売価格は50,000円台前半。

 同製品は、広角26mmからの光学20倍ズームレンズを搭載。デジタルズームと合わせて最大約100倍ズームの超望遠撮影が可能だ。開放F値は広角時がF2.8、望遠時がF4.5。別売りのテレコンバージョンレンズ「TCON-17」を使用すれば、ファインズームとの組み合わせで簡単に51倍(1,326mm)相当の超望遠撮影が可能となる。
 
 また、望遠性能だけでなく、スーパーマクロ撮影時は最短1cmまで被写体に接近可能。1台で広い撮影範囲をカバーする。
 
 連写はメカニカルシャッターの場合、最大で1秒間に約7コマ、電子シャッターを使用する「高速連写2」の場合、最大で1秒間に13.5コマの撮影が可能。また、シャッターボタンを半押ししておけば、シャッターを押す前の10コマ分の画像を記録できるプリキャプチャー機能を搭載し、決定的瞬間をとらえやすくなっている。そのほか、笑顔を検出して3枚の連続撮影を行なう「スマイルショット」機能や、複数の花火の写真を合成できる「多重露光花火モード」、複数の写真を撮って合成できる「パノラマ合成」といった機能を搭載する。

 撮像素子は1/2.33型CCDを搭載。焦点距離は4.6〜92mm(35mm換算で26〜520mm)。光学ズーム、デジタルズームのほかにファインズームを搭載しており、最大約30倍のズームが可能。ISO感度は64〜6,400。
 
 静止画の最大記録画素数は3,648×2,736ピクセル。記録方式はJPEGのほかに、RAWにも対応する。動画の記録方式はAVI Motion JPEG。最大記録画素数は640×480ピクセル(VGA)、30fps。
 
 背面の液晶は、2.5型。出力はPictBridgeに対応する。内蔵メモリは48MBで、記録メディアはmicroSD/microSDHCカード/xDピクチャーカードに対応。バッテリーは単3形乾電池×4本を使用。連続撮影可能枚数は最大約410枚。本体サイズは幅116×高さ83.3×奥行き80.8mm、重さは373g(電池、メディアカード含まず)。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top