カーナビで、自宅施錠確認やネットカメラ確認が可能に——パナソニック | RBB TODAY

カーナビで、自宅施錠確認やネットカメラ確認が可能に——パナソニック

 松下電器産業パナソニック オートモーティブシステムズは6月13日より、カーナビゲーションシステム「ストラーダ」HDDカーナビステーションにおいて、ハイエンドモデル「Fクラス」新製品2機種を発売する。

ブロードバンド その他
「CN-HX1000D」
  • 「CN-HX1000D」
  • 「CN-HW1000D」
  • 「リンク機能」システム概要
  • 設備ネットワークシステム「ライフィニティ」
 松下電器産業パナソニック オートモーティブシステムズは6月13日より、カーナビゲーションシステム「ストラーダ」HDDカーナビステーションにおいて、ハイエンドモデル「Fクラス」新製品2機種を発売する。

 「CN-HX1000D」が7V型ワイドVGAインダッシュ HDDカーナビステーション、「CN-HW1000D」が7V型ワイドVGAモニター 2DIN HDDカーナビステーションとなる。ともに地上デジタルTV/AVシステム/DVD/CD内蔵で、希望小売価格は税込354,900円。CN-HX1000Dが6月13日、CN-HW1000Dが6月20日の発売となる。

 「ストラーダ」はクルマを第二のリビングルームにする“From Home to Car”コンセプトのカーナビだが、今回の「Fクラス」では“クルマと家がつながる”へコンセプトを拡大、Bluetoothを利用した家庭の電化製品とのリンク機能を強化した。これによりネットワークカメラ(BL-C111/BL-C131:2008年5月現在)で撮影した家の中の状況(静止画)を確認したり、DVDレコーダー「DIGA」を遠隔操作して、テレビ番組を録画するなど、宅内家電を操作することなどが可能になった。

 さらに、松下電工が2006年7月に発売した、インターネットを活用した新築戸建住宅向け設備ネットワークシステム「ライフィニティ」に対応。車から自宅の照明やエアコンのON・OFFを切り換えたり、帰宅する旨を「ライフィニティ」のコントロールパネルに表示させること(かえる通知)ができるという。

 なお利用には、Bluetooth対応携帯電話機や情報端末の利用、パナソニックネットワークサービシズが運営するダイナミックDNSサービス「みえますねっと」(有料)への加入が推奨されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top