ACCESS、ドコモ共同でACCESS Linux Platformを採用したFOMA向けオペレータパックの開発を開始 | RBB TODAY

ACCESS、ドコモ共同でACCESS Linux Platformを採用したFOMA向けオペレータパックの開発を開始

エンタープライズ モバイルBIZ
今回開発を開始したオペレータパックの利用イメージ
  • 今回開発を開始したオペレータパックの利用イメージ
 ACCESSは21日、同社の携帯端末向けソフトウェアプラットフォーム「ACCESS Linux Platform」がNTTドコモのLinuxベース共通ソフトウェアプラットフォームに採用され、NTTドコモの独自サービスを実現する統合アプリケーションパッケージ、オペレータパックを共同で開発すると発表した。

 ACCESS Linux Platformは、携帯端末用Linux OSの普及促進団体「LiMo Foundation」仕様に準拠したオープンな共通プラットフォーム。ACCESSは、NTTドコモ、日本電気、パナソニックモバイルコミュニケーションズ、エスティーモの4社と2007年12月にLinuxベースの共通プラットフォーム、およびNTTドコモ向けオペレータパックの開発検討に合意しており、2009年後半から順次発売される予定のFOMA端末向けにオペレータパックの開発を正式に開始した。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top