日商エレ、米ConSentryのインテリジェントスイッチ「LANShieldスイッチ」の取り扱いを開始 | RBB TODAY

日商エレ、米ConSentryのインテリジェントスイッチ「LANShieldスイッチ」の取り扱いを開始

 日商エレクトロニクスは23日、米ConSentry Networksのインテリジェントスイッチを中心としたエンタープライズLANの構築事業に注力すると発表した。

エンタープライズ その他
ConSentry LAN Shieldスイッチ シリーズ
  • ConSentry LAN Shieldスイッチ シリーズ
  • LAN構築例
 日商エレクトロニクスは23日、米ConSentry Networksのインテリジェントスイッチを中心としたエンタープライズLANの構築事業に注力すると発表した。

 日商エレクトロニクスがあらたに取り扱うConSentry Networksの「LANShieldスイッチ」は、従来のスイッチとは異なり、ネットワーク接続可否をユーザー認証(Pre-Admission)するだけでなく、接続後の振舞いをユーザーIDベースでレイヤ7において可視化し、さらにはアクセスコントロール、利用アプリケーションコントロール、ワームなどの不正プログラムの拡散防止(Post-Admission-Control)機能をシングルプラットフォームで提供するというもの。

 同社では、2008年度は15社、3年間で100社程度においてLANShieldスイッチによるLAN構築を目指すとしている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top