東芝、ノートPC「dynabook」「Qosmio」の夏モデル——新しい外装技術を取り入れたデザインPCに | RBB TODAY

東芝、ノートPC「dynabook」「Qosmio」の夏モデル——新しい外装技術を取り入れたデザインPCに

 東芝は17日、「dynabook」「Qosmio」シリーズのノートPCに、インテリアに合うようにデザインを一新した夏モデルを追加すると発表した。

IT・デジタル ノートPC
商品マーケティング部荻野孝広氏
  • 商品マーケティング部荻野孝広氏
  • A4ノートPCユーザーのアンケート
  • 同部dynabook担当原田健史氏
  • デザインPCのコンセプト
  • 統一感を持たせたフラットデザイン
  • タッチパット部の凹凸をなくしたフラットデザイン
  • レグザリンクのデモ
  • 同部Qosmio担当根岸伸一氏
 東芝は17日、「dynabook」「Qosmio」シリーズのノートPCに、インテリアに合うようにデザインを一新した夏モデルを追加すると発表した。

 製品発表の冒頭、商品マーケティング部の荻野孝広氏から興味深い参考データが披露された。今年発売されたA4ノートPCユーザーのアンケートから、同氏は「ユーザーの購入の決め手で一番だったのはやはりコストパフォーマンス。値段が手ごろだったわりには機能的だったので購入した、という人が多い」とし、「また、表の上位5番目の“デザインがよかったから”という部分。10〜15年前の評価ではあまり高くなかったが、最近のユーザーからは“デザインがいい”という意見が増えている」とコメント。「そういったことも踏まえ、今回dynabookを一新した」と述べた。

 次に、「今回のdynabookシリーズはフルモデルチェンジした」と同部dynabook担当の原田健史氏は説明を始めた。同シリーズは、デザインPCをコンセプトに、ディスプレイを閉じているときと開いているときの統一感を持たせたフラットデザインと、柔らかく丸みを帯びたラウンドフォルムを取り入れている。さらに、特徴的なグラデーションラインを採用。遠くから見ると光沢があり、近づくとグラデーションをかけるようなラインが施されている。キーボード上部にはタッチセンサーを搭載。タッチパット部と合わせ凹凸をなくしたフラット仕様のデザインだ。また、「AX」「TX」シリーズには、インテリアに合わせたプレシャスブラック/リュクスホワイト/スウィートピンクの3色を用意する。

 全モデルに2GBのメモリとHDMI端子を搭載。OSはWindows Vista Home Premium でOffice Personal 2007がプレインストールされる。IEEE 802.11b/g準拠の無線LANやFelicaポートを搭載。インターフェースは、AXとTXがUSB2.0×4/光デジタルオーディオ出力/ミニD-sub15ピンなど、CXがSB2.0×3/ミニD-sub15ピンなど。AXとTXシリーズには、音にこだわったハーマンカートン社製のスピーカーを備え、Dolbyサラウンドルーム/Maxx Audio機能に対応する。

 「レグザリンク」に対応し、同社テレビ「REGZA」とHDMIでつなぐとテレビリモコンでPCを操作することができる。また、自動で音声切り替えや画面設定などを行う。

 4月25日から順次発売。そのほかの詳細は下記のとおり。

○AXシリーズ
●AX/55F
CPU:Celeron 550(2GHz)
HDD:160GB
ディスプレイ:15.4型WXGA TFTカラー液晶
光学ドライブ:DVDスーパーマルチ
予想実売価格:150,000円前後

●AX/54F
CPU:Celeron 550(2GHz)
HDD:160GB
ディスプレイ:15.4型WXGA TFTカラー液晶
光学ドライブ:DVDスーパーマルチ
予想実売価格:140,000円半ば
Office Personal 2007 with Power Point 2007をプリインストール

●X/53F
CPU:Celeron 550(2GHz)
HDD:160GB
ディスプレイ:15.4型WXGA TFTカラー液晶
光学ドライブ:DVDスーパーマルチ
予想実売価格:140,000円前後

●AX/52F
CPU:Celeron 550(2GHz)
HDD:160GB
ディスプレイ:15.4型WXGA TFTカラー液晶
光学ドライブ:DVDスーパーマルチ
予想実売価格:130,000円半ば
レグザリンクには非対応

○TXシリーズ
●TX/68F
CPU:Core 2 Duo T8100(2.1GHz)
HDD:250GB
ディスプレイ:15.4型WXGA TFTカラー液晶
光学ドライブ:DVDスーパーマルチ
予想実売価格:180,000円半ば

●TX/67F
CPU:Core 2 Duo T8100(2.1GHz)
HDD:200GB
ディスプレイ:15.4型WXGA TFTカラー液晶
光学ドライブ:DVDスーパーマルチ
予想実売価格:170,000円半ば
Office Personal 2007 with Power Point 2007をプリインストール

●TX/66F
CPU:Core 2 Duo T8100(2.1GHz)
HDD:200GB
ディスプレイ:15.4型WXGA TFTカラー液晶
光学ドライブ:DVDスーパーマルチ
予想実売価格:170,000円前後

●TX/65F
CPU:Core 2 Duo T8100(2.1GHz)
HDD:160GB
ディスプレイ:15.4型WXGA TFTカラー液晶
光学ドライブ:DVDスーパーマルチ
予想実売価格:160,000円前後
レグザリンクには非対応

○CXシリーズ
●CX/48F
CPU:Core 2 Duo T8100(2.1GHz)
HDD:160GB
ディスプレイ:13.3型WXGA TFTカラー液晶
光学ドライブ:DVDスーパーマルチ
予想実売価格:200,000円前後
Office Personal 2007 with Power Point 2007をプリインストール

●CX/47F
CPU:Core 2 Duo T8100(2.1GHz)
HDD:160GB
ディスプレイ:13.3型WXGA TFTカラー液晶
光学ドライブ:DVDスーパーマルチ
予想実売価格:200,000円前後
Office Personal 2007 with Power Point 2007をプリインストール

●CX/45F
CPU:Celeron 550(2GHz)
HDD:160GB
ディスプレイ:13.3型WXGA TFTカラー液晶
光学ドライブ:DVDスーパーマルチ
予想実売価格:200,000円前後
Office Personal 2007 with Power Point 2007をプリインストール

 Qosmioシリーズは、15.4型ワイドWXGA TFTカラー液晶搭載モデルのみが新モデルとなる。同部Qosmio担当の根岸伸一氏は、「ご存じのように今年は北京オリンピック開催の年。地デジの普及が進む中で、PCとしても地デジ内蔵が選ばれることが想定される。また、PCのためのサービスとも言える“ダビング10”の開始にともない、それを活かしていきたい」と説明を始めた。同シリーズは、地デジチューナーを備えHDMI端子を搭載。同氏は「PCはネットワークにつなぐことが当たり前になってきている。ネットワークを使えば、HDDにたまった映像やネットで配信される動画などをテレビでも楽しめる。環境を提供するためにも、HDMI端子は不可欠だ。さらに、ビデオカメラは7割以上がHD画質になっている。高画質の映像なら大画面テレビで楽しみたい」といった背景を説明した。

 メモリは2GB。OSはWindows Vista Home Premium でOffice Personal 2007とPower Point 2007をプリインストール。IEEE 802.11b/g準拠の無線LANやFelicaポートを搭載。インターフェースは、USB2.0×4/光デジタルオーディオ出力/ミニD-sub15ピンなど。

 4月19日に発売。そのほかの詳細は下記のとおり。

●F40/86BF
CPU:Core 2 Duo T8100(2.1GHz)
HDD:200GB
ディスプレイ:15.4型WXGA TFTカラー液晶
光学ドライブ:DVDスーパーマルチ
予想実売価格:220,000円半ば

●F40/86BF
CPU:Celeron 550(2GHz)
HDD:200GB
ディスプレイ:15.4型WXGA TFTカラー液晶
光学ドライブ:DVDスーパーマルチ
予想実売価格:200,000円前後
《近藤》

関連ニュース

特集

page top