富士通とサン、新プロセッサ「UltraSPARC T2 Plus」で「SPARC Enterprise」を拡充 | RBB TODAY

富士通とサン、新プロセッサ「UltraSPARC T2 Plus」で「SPARC Enterprise」を拡充

エンタープライズ その他
SPARC Enterprise T5140
  • SPARC Enterprise T5140
  • SPARC Enterprise T5240
 富士通と米サン・マイクロシステムズは9日、新プロセッサ「UltraSPARC T2 Plus」を搭載した新サーバ2機種「SPARC Enterprise T5140」「SPARC Enterprise T5240」の販売を開始した。

 UNIXサーバ「SPARC Enterprise T5140」「SPARC Enterprise T5240」は、新プロセッサ「UltraSPARC T2 Plus」を搭載した2CPU型サーバ。T5140は1ユニット、T5240は2Uのサーバ筐体となる。最大128スレッドのマルチスレッド環境を実現したほか、「Solaris 10」の仮想化機能である「Solaris Containers」や「Logical Domains(LDoms)」にも対応し、柔軟性の高い仮想化ソリューションを実現している。最適化コンパイラを含むソフトウェア「Sun Studio 12」などの利用も可能。

 富士通およびサンの両社は、それぞれのブランドで「SPARC Enterprise T5140」「SPARC Enterprise T5240」をワールドワイドに販売するとのこと。販売価格は「SPARC Enterprise T5140」が税別207万円から、「SPARC Enterprise T5240」が同248万4,000円から。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top