SCS、データセンター「netXDC」で「バーチャル セキュリティパッチ サービス」 | RBB TODAY

SCS、データセンター「netXDC」で「バーチャル セキュリティパッチ サービス」

 住商情報システムは、同社のデータセンター「netXDC」で、サーバーOSなどのセキュリティパッチを仮想的に実現する「バーチャル セキュリティパッチ サービス」を開始した。

エンタープライズ その他
イメージ
  • イメージ
 住商情報システムは、同社のデータセンター「netXDC」で、サーバーOSなどのセキュリティパッチを仮想的に実現する「バーチャル セキュリティパッチ サービス」を開始した。米BlueLaneTechnologies社のセキュリティ製品「ServerShield」を、netXDCを利用している顧客のネットワークに設置。ServerShieldが、ネットワーク上のパケットをモニタリングし、セキュリティパッチと同等の無害化処理を実施する。

 これにより、従来のパッチマネジメントで必須であった動作検証プロセス、パッチのインストール作業の回数や時間を大幅に軽減することができ、パッチ適用の工数/コストを削減。適用までの脆弱性を防ぐことができるとしている。対応アプリケーションは、OS/Windows Server、Sun Solaris、RedHat、Novell Suse、IBM AIX、DataBase/Microsoft SQL、Oracle Server、Mail/Microsoft Exchange、Sendmail、Courier IMAP、Cyrus IMAP、Web App/Microsoft IIS、iPlanet、Apache。価格は月額18万円(最大サーバー10台まで)から。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top