デル、ITシステムの導入を支援するアセスメントサービス——テーマごとのサービスを低コストで | RBB TODAY

デル、ITシステムの導入を支援するアセスメントサービス——テーマごとのサービスを低コストで

 デルは3日、企業が各種システムの新規導入・更新の初期検討段階に、低コストで気軽に活用できる「アセスメントサービス」の提供を開始した。

エンタープライズ その他
 デルは3日、企業が各種システムの新規導入・更新の初期検討段階に、低コストで気軽に活用できる「アセスメントサービス」の提供を開始した。

 「アセスメントサービス」は、デル製品のシステム導入と切り離し、新規導入・更新(UNIXマイグレーションも含む)の初期検討段階のサービスとして利用可能なもので、ユーザーニーズに応じて、仮想化(VMware)、データベース(Oracle)などテーマごとのサービスを低コストで提供するもの。

 システムを仮想化環境に移行した場合の効果・可能性について評価を行い移行後の構成案を提示する「仮想化アセスメントサービス(キャパシティプランナー)」(70万円〜)、データベースシステムを定量的に診断しパフォーマンスチューニングや適切なハードウェアの増強、UNIXからのマイグレーションなどを行う「Oracleアセスメントサービス(データベースクリニック)」(98万円〜)、Oracleデータベースシステムの使用状況をヒアリングし、既存環境の整理・問題点の指摘・改善案・推奨構成案を提示する「Oracleアセスメントサービス(ホワイトボードセッション)」(20万円〜)、メールシステムの使用状況をヒアリングもしくは調査し、既存環境の整理、問題点の指摘、改善案、推奨構成案を提示する「Exchange 2007アセスメントサービス」(100万円〜)の4つのメニューが用意されている。

 導入効果やコストの算出、要求事項の取りまとめやディスカッションの実施、診断書や改善提案書の提示など、情報システム部担当者の検討・判断・決定までサポートすることで、“迅速な導入”、“効率的な運用”、さらに“スマートな発展”の「ITのシンプル化」を促進するという。ベンダーに縛られずに、柔軟性が高く適正なコストでのハードウェアからミドルウェアまで含めたシステム環境の検討、初期設計が可能とのこと。今後は、ストレージ(統合/バックアップ/アーカイブ/情報ライフサイクル管理−ILM)、Windows Server 2008、ユニファイド・コミュニケーション、データセンター(パワー&クーリング)などの提供を予定している。

 なお「アセスメントサービス」は、デルの技術コンサルティング部門であるインフラストラクチャ・コンサルティング・サービスが担当し、各製品担当のソリューション・アーキテクトがサービスの提供を行う。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top