OKI、1.1〜3.6Vで動作可能な8ビットフラッシュマイコン「ML610Q431/Q432」 | RBB TODAY

OKI、1.1〜3.6Vで動作可能な8ビットフラッシュマイコン「ML610Q431/Q432」

 沖電気工業は17日、1.1Vで動作するフラッシュメモリときめ細やかなパワーマネジメント機能により業界トップレベルのローパワー動作を実現した8ビットフラッシュマイコン「ML610Q431/Q432」を発表した。

エンタープライズ その他
8ビットフラッシュマイコン「ML610Q431/Q432」
  • 8ビットフラッシュマイコン「ML610Q431/Q432」
 沖電気工業は17日、1.1Vで動作するフラッシュメモリときめ細やかなパワーマネジメント機能により業界トップレベルのローパワー動作を実現した8ビットフラッシュマイコン「ML610Q431/Q432」を発表した。サンプル価格は500円(税別)。サンプル出荷は4月、量産出荷は6月から開始される予定だ。

 ML610Q431/Q432は、高効率な同社独自のRISC型CPU「nX-U8/100」、LCDドライバー、2種類のA/Dコンバーター、オンチップデバッグ機能などを搭載した8ビットフラッシュマイコン。同社独自のローパワー技術を採用して1.1Vから3.6Vまで広範囲の電圧で動作するほか、消費電流もマスクROM内蔵マイコンと同等レベルを実現している。また、HALTモード、STOPモード、トリプルクロックを搭載したパワーマネジメント機能を搭載している。LCDドライバーはML610Q432が1536ドット(64seg×24com)、ML610Q431が1024ドット(64seg×16com)で昇圧回路を内蔵し、A/Dコンバーターは24ビットRC発振型と12ビット逐次比較型の2種類を搭載している。

 同社では、月産100万個を予定している。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top