NEC、Compact SFP、Compact SFF光インタフェース規格を策定 | RBB TODAY

NEC、Compact SFP、Compact SFF光インタフェース規格を策定

ブロードバンド その他

Compact SFP (CSFP)、Compact SFF (CSFF)光トランシーバ
  • Compact SFP (CSFP)、Compact SFF (CSFF)光トランシーバ
 NECは21日、フジクラおよび米eGtranと一芯双方向伝送用途のCompact SFP (CSFP)、Compact SFF (CSFF)光トランシーバについてMulti Source Agreement (MSA)を策定し、CSFP MSAグループを結成したと発表した。

 CSFP MSAは光トランシーバの形状やピン配置、ホスト基板上で使用するコネクタやケージについて規定、CSFF MSAは光トランシーバの形状やピン配置について規定している。

 2チャンネルタイプのCompact SFPは業界標準仕様であるSFPと同じサイズに2チャンネル分の一芯双方向光トランシーバを集積化しており、既存のSFP用ケージや電気コネクタに対応。2チャンネルタイプのCompact SFPとCompact SFFは従来の業界標準サイズの1/2のサイズに小型化している。また、Compact SFFは2チャンネル、4チャンネルへのマルチチャンネル化が可能となっている。

 Compact SFP、Compact SFF製品は26日から米国サンディエゴで開催予定のOFC 2008(Optical Fiber Communication Conference and Exposition)にて、MSAグループ各社のブースで展示予定。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top