OKI、アルカテルとモバイルWiMAX端末に関する共同マーケティング契約を締結 | RBB TODAY

OKI、アルカテルとモバイルWiMAX端末に関する共同マーケティング契約を締結

エンタープライズ その他

OKIのCF型WiMAX通信モジュール(試作品)
  • OKIのCF型WiMAX通信モジュール(試作品)
 OKIは7日、アルカテル・ルーセントと共同マーケティング契約書の締結を行い、ワールドワイド市場に対して共同で、OKIの開発するモバイルWiMAX端末製品のマーケティング活動を実施することを発表した。

 アルカテル・ルーセントのオープンCPE(Customer Premises Equipment)プログラムに参画することで、OKIはアルカテル・ルーセントと各種マーケットデータを共有するとともに、両社での評価検証活動や製品紹介活動を行う。これによりモバイルWiMAXのエンド・トゥ・エンド・ソリューションの早期提供やOKIの端末製品の拡充が実現できるとしている。

 また、WiMAX Forumの認定取得を目指し相互接続試験での協力を推進する。PCやPDA、UMPC(Ultra Mobile PC)などの各種携帯端末に利用可能なCFカード、USBドングルなどのデータカード、WiFiインタフェースを具備したCPEなどさまざまな端末製品の機能実現、性能改善に取り組み、これらの製品の量産出荷を2008年後半より開始する予定。

 なお、今回の契約締結の一環として、11日〜14日にスペイン バルセロナで開催される「GSMA Mobile World Congress 2008」のアルカテル・ルーセントブース(ブースNo.Hall 8 A147)において、OKIのモバイルWiMAX端末とアルカテル・ルーセントの基地局間での接続デモンストレーションを実演する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top