【CES 2008 Vol.10】SanDisk、安全面の強化されたUSBメモリとマシン速度アップソリューションを発表 | RBB TODAY

【CES 2008 Vol.10】SanDisk、安全面の強化されたUSBメモリとマシン速度アップソリューションを発表

IT・デジタル その他

Sandickの方針を表したスライド。今後の方向性として3つが追加されている
  • Sandickの方針を表したスライド。今後の方向性として3つが追加されている
  • 説明会で紹介された製品群。VaulterだけOEM専用であとは小売製品として登場する
  • 旧来のメディアと置き換わるフラッシュメモリ製品群として紹介されたもの
  • microSDHCの大容量化はPC/TV/PMP/携帯の4つのスクリーンで同じコンテンツを再生するという観点で望まれているとのことだ
  • 日本におけるシェアの推移。サンディスクはほぼ一貫してシェアを伸ばしていることがわかる。赤い線がサンディスク、黄色と白はそれぞれ松下とソニー
  • サンディスクが予想する2011年のマーケットごとの需要。ちなみに2007年とは比較にならないほど需要が拡大している(文字の上にぼんやり見えるのが2007年の円)
  • 説明をしたCEO&ChairmanのEil Harari氏。手に持っているのは新製品のMicroSDHC 12GBだ
 米SanDiskは7日、プレスカンファレンスを行い、いくつかの新製品と同社の現状について発表した。

 CEO&ChairmanのEil Harari氏はSanDiskのこれまでのポイントとして簡単(Simple)/信頼(Reliable)/余裕(Affordable)であったと述べた後、コンシューマ市場における変化として「35mmフィルムからメモリカード」、「カセットからMP3プレーヤー」、「フロッピーディスクからUSBメモリ」という3つの変化を挙げ、今後の方針として賢く(Smart)/(結合)Connected/(安心)Secureを挙げた。

 そのほか、いくつかの新製品が紹介された。

・Sandisk 12GB microSDHC
 現在MicroSDHCカードとしては最大容量となる12GB製品がサンプル出荷された。量産開始時期と価格は明らかにされていない。

・Cruzer Titanium Plus 4GB
 暗号化による秘密性のアップに加え、オンラインでのデータバックアップ機能を持ち、紛失してもデータを失わない。3月発売予定で$59.99

・VideoHD card
 メモリカードレコーダーを想定したSDHC/メモリースティックDUO製品。容量表示よりも録画時間表示の方が大きく記載されているのが特徴。3月に北米、その後ヨーロッパに製品を投入する予定。

・Vaulter
 IntelのTurboMemoryと同様にマシンのパフォーマンスを上げるための追加フラッシュメモリーユニットがVaulterだ。説明ではOSをVaulterが担当し、HDDは大きなデータ用として使用するようだ。PCIe/USBの2種類の製品があり容量は16GBだが、OEM専用で小売されない。TurboMemoryと異なるのはファームウェアを含んでいることとVista専用ではなくXPもサポートするところが異なる。

 また、CESにあわせて、メモリースティックプロDUO 8GBや最大72GBのSATA SSD、PMP製品の最大容量アップ等が行われた。
《小林哲雄》

関連ニュース

特集

page top