アイ・オー、「マッハUSB」対応の省スペース外付け型HDD | RBB TODAY

アイ・オー、「マッハUSB」対応の省スペース外付け型HDD

IT・デジタル ノートPC

HDCN-Uシリーズ
  • HDCN-Uシリーズ
  • 本体背面
 アイ・オー・データ機器は3日、USB転送の高速化技術「マッハUSB」に対応するコンパクトサイズの外付け型HDD「HDCN-U」シリーズを発表した。価格は500GBモデル「HDCN-U500」が24,360円、320GBモデル「HDCN-U320」は16,485円で、いずれも12月中旬発売。また、1TBモデル「HDCN-U1.0」および250GBモデル「HDCN-U250」も発売予定としているが、発売時期および価格は未定。

 今回発表された製品は、幅42×高さ147×奥行き185mmとコンパクトサイズの筐体に電源回路を内蔵した、省スペース設計の外付け型HDD。ドライブからの熱を効率よく放散できるという「HSAパネル」を採用するなど放熱に配慮した設計とすることで、冷却ファンを省略し、静音性の向上を図っている。また、USB接続の外付けHDDのデータ転送速度を向上させるツール「マッハUSB」に対応し、ノーマル時と比較して読み込み時の転送速度を最大約31%高速化させている。そのほか、設定ユーティリティ「ポチっとな」をインストールすることで、ドライブの取り外しなどに対応するファンクションボタンを本体背面に装備するほか、PCとの電源連動機能、セキュリティ機能「iSPIS(アイ・スパイス)」などを搭載する。

 対応OSはWindows Vista XP/2000/ME/98SE/98、Mac OS X 10.1〜10.5/OS 9.1〜9.2.2で、インターフェースはUSB 2.0/1.1。重さは1.4kg。長さ1mのUSBケーブルが付属。
《》

関連ニュース

特集

page top