三洋、世界最長録音を実現したICレコーダー | RBB TODAY

三洋、世界最長録音を実現したICレコーダー

 三洋電機は6日、世界最大8GBメモリを内蔵し、世界最長1,000時間超録音を実現したICレコーダー「ICR-PS390RM」を発表。11月下旬より発売する。価格はオープンで、予想実売価格は43,000円。

IT・デジタル その他
ICR-PS390RM
  • ICR-PS390RM
 三洋電機は6日、世界最大8GBメモリを内蔵し、世界最長1,000時間超録音を実現したICレコーダー「ICR-PS390RM」を発表。11月下旬より発売する。価格はオープンプライスで、実売予想価格は43,000円。

 同製品は、厚さ13mm、重さ49gのスリムボディに大容量8GBメモリを搭載したICレコーダー。MP3形式で世界最長1,116時間の録音を可能にした。

 録音フォーマットには音楽CDと同じ「リニアPCM形式」を採用し高音質な録音が可能。新開発の大口径、高感度マイク搭載によるノイズ低減で集音性が3倍に向上。よりクリアな音質を実現した。

 また、8GBの内蔵メモリを一般領域とセキュリティ領域とに分け暗証番号を設定することが可能。セキュリティ領域内の録音データの再生制限や、PCからの閲覧防止できるので、セキュリティ機能付きUSBフラッシュメモリとしても使用できる。

 このほか、新たにファイルの誤消去を防止する「ごみ箱機能」を搭載。フォルダ内で消去したファイルは、すぐに本体メモリから削除されず一旦ごみ箱に移動するので、誤まって消去したデータの復活も可能だ。

 本体サイズは幅34.2×高さ119.7×奥行き13mm。連続録音時間は25時間、連続再生時間は22時間。バッテリーは単4形アルカリ乾電池。付属品はステレオイヤホン、USB延長ケーブル、単4形エネループ充電池、USBアダプター、三脚穴付き本革ケースなど。
《》

特集

page top